100歳までボケない101の方法

 最近購入した本が表題のものです。順天堂大学加齢制御医学講座教授の白澤卓二氏の著です。経歴からすると、ボケ対策の医学を専門にされているようで、著書も幾つかあるようです。
 この本、けっこう面白かったですから、このブログでその一部を紹介することにしましょう。3部構成になっており、食事編、習慣編、運動編で合計101の方法が例示されています。
 食事編はパッとしませんでしたが、習慣編は高齢者(小生、今、65歳)になったら早速やってみるべき事項が多く、運動編にも驚かされるものがありました。
 この本、190ページあって本体700円(文春新書)ですから、買って損はありません。お年寄りを抱えたご家庭なら皆さんでお読みになるのもよいです。

 さて、101の方法の中で、小生が驚いたことを先ず紹介しましょう。
52.新聞を読み、世界に関心を持つ
(要約)101歳で亡くなった米国の修道女。死後に解剖され、通常は1200gある脳が870gしかありませんでした。脳の神経細胞は脱落が目立ち、アルツハイマー病の特徴である脳の表面にできる老人斑もみられ、解剖学的には完全なアルツハイマー病でした。
 しかし、彼女は、認知症判定テストで全くの正常、知能テストも高得点で、認知症の症状は全然出ませんでした。
 なぜか。
 彼女は84歳で教職を降りても知的な活動を続け、毎日、隅から隅まで新聞を読み、世界の動きに大きな関心を寄せていたようです。そして、何ごとにも積極的に取り組み、地域のボランティアにも参加していました。
 その彼女の口癖は「私が引退しているのは夜眠っているときだけよ」というのですから、すごいです。
 この修道院で何年か調査に当たったケンタッキー大学予防医学研究班は、常に頭を使うという生き方が、彼女の脳をいつまでも正常に保ったと分析しています。

 いやあ、ビックリ!脳の萎縮がかなり進んでも、毎日しっかり頭を使えば決してボケないとは初耳です。これには驚きました。
 次に、小生がギョッとさせられたことを紹介します。
54.2日前の日記をつけよう
(抜粋)長期記憶を忘れないようにするには、長期記憶に少なくとも1回はアクセスしなければなりません。それが2日前のできごとを思い出す方法です。前日のことなら、かなり鮮明に覚えていると思いますが、2日前となると途端にあやしくなりませんか。
 それを意識して思い出します。2日前の日記を書くというのもいい方法です。日記がまさに備忘録になります。2日前に食べたもの、食事内容を思い出すのはどうでしょう。これなら日記より簡単です。
 長期記憶にアクセスする習慣を持っていると、ボケたかどうかがわかりますし、脳を使うことになり、ボケ防止に役立ちます。これもぜひやってみてください。

 これは面白いと思い、早速2日前の食べたものを思い出そうとしました。しかし、さっぱり浮かんでこないのです。焦りました。これが気になって気になって、頭から離れず、数時間してやっと一部を思い出しました。
 そこで、これではいかんと、脳のトレーニングのため、翌日から2日前の日記を付け始めたところです。
 なお、食べものだけですと1日前の記憶に毎回アクセスすることになり2日前の記憶が呼び戻しやすくなりますので、テーマを3つ用意し、順番にテーマを回していくことにしました。
 最後にもう一つ、小生の大いなる願望を込めて紹介します。
70.いつまでも男と女
(抜粋)好きになる、恋をする。若者でもあるまいし、と思われるかもしれませんが、人に会ってときめくことは脳の活性化には非常に有効です。恋愛とまではいかなくても、素敵な人だなと思うだけでもいいのです。恋心、ときめく感情は、若々しくさせてくれます。おしゃれにもつながっていきます。異性に対して関心を失うと一気に若々しさが失われていきます。

 これについてはコメントを控えましょう。
 以上、いかがでしたでしょうか。
 残りの98の方法は、本を購入してご覧になってください。
 なお、当店のお客様には、あと2つの方法を入れて新聞を作り、紹介したところです。
 下の画像をクリックしてご覧ください。
新聞233(40%)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/95-df60ef08

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR