ボケ防止:高齢者となったら互いに介護されないよう銀杏葉α

 高齢者の老人医療費はうなぎ上り。この中には、高血圧症・脂質異常症と診断されて無駄な薬を飲ませられるケースの何て多いこと。
 これらの薬による副作用がなければまだしも、大きな隠れた副作用がありますから、困ったものです。
 知らず知らず倦怠感が生じてきて、やる気がなくなってくるのです。これは、副作用としては表記されておらず、加齢によるものとされてしまっています。
 これによって、老化が急速に進み、やがて寝たきりになり、ボケ症状が出てきて痴呆症に陥ります。
 しかし、明白な副作用が直ぐに出ないものですから、薬を飲んでいる高齢者は、周りの者がいくら“飲んじゃいかん”と言っても“お医者さんの言うことは聞かなあかん”と、飲むのを止めません。

 そうした場合に、これらの薬による副作用を打ち消すのが「銀杏葉α(いちょうようアルファ)」です。
 銀杏葉エキスで末梢血流をグーンと良くし、配合されている生薬=ヒハツエキスで体の芯を温め、クチナシ抽出物で脳血流を改善し、アスタキサンチンで活性酸素を除去する、というすぐれものです。
 この「銀杏葉α」は、ジキニンで有名な全薬工業の「養生食品」(健康補助食品の扱い)ですから、効能はうたっていませんが、箱に「いきいき、はつらつ健康ライフサポート」と朱書きされており、そうした高齢者には“元気が出て、若返る、いいものだよ”と言って、毎日飲んでいただくことにすると良いです。
 これで、なんとか薬による副作用を打ち消すことができます。

 となると、そうした薬をまだ飲んでおられない中高年の方が毎日「銀杏葉α」をお飲みになるとどうなるでしょう。
 そうです、「いきいき、はつらつ健康ライフ」が楽しめるようになるのです。
 2、3年も飲み続けられれば、年齢が一回り若い体に変身することでしょう、きっと。
 よって、「高齢者となったら互いに介護されないように銀杏葉α」です。寝たきりになってボケてしまうのをかなりかなり防いでくれます。ご夫婦で毎日「銀杏葉α」をお飲みになることをおすすめします。
 お医者さんの薬でNNK(ネンネンコロリ)になってはつまらないです。お医者さんの薬を飲まずにPPK(ピンピンコロリ)と逝きましょう。
ミニチラシ(銀杏葉)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/92-cb5a628d

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR