ベータ・カロチンの重要性を再認識しましょう

 ベータ・カロチンのことについては、バージョンアップした?銀杏葉α(アルファ)の中で“ベータ・カロチンの悲劇”を記事にしましたが、ここでは、その有用性について、紹介することにします。

 概略すると、次の4点の効能があります。
 先ずベータ・カロチンの働きとして第1に挙げられるのは、必須栄養素であるビタミンAに容易に変換されるということです。
 次に注目されたのは、優れた抗酸化物質として、体内で発生した過剰な活性酸素を速やかに消してくれるというものでした。
 その後において、LDLコレステロールによる血管の閉塞を防ぐ作用があって、動脈硬化、心筋梗塞や脳卒中の防止効果があることが判明しました。
 また、各種のがんの予防効果が大なり小なり期待できることも分かりました。

 このように、ベータ・カロチンは、広い範囲で効能を発揮する優れものであることは間違いありません。
 でも、欠乏するとこうした疾患が大きく増えて問題になるのであって、充足している人が過剰に摂っても効果はたいして期待できないという性質のものと考えられます。
 ここのところを良く理解しておく必要があります。ちなみに、2008年、厚生労働省による疫学調査では、ベータ・カロチンが不足すると胃がんのリスクが約2倍になるという結果が報告されています。

 では、4点の効能について、もう少し詳しく説明しましょう。
1 ビタミンAに変換
 ベータ・カロチンは、小腸における消化によって容易に2分割されて吸収されもしますが、そのままでも吸収されます。そのまま吸収されたベータ・カロチンは脂肪組織で貯蔵されますが、ビタミンAが不足する状態になると、主に肝臓で2分割されてビタミンAに変換し、体内に供給されます。
 なお、カロチンは幾種類もあって、分子式は同じですが、その構造の違いによって、例えばアルファ・カロチンと呼ばれるものがあります。ビタミンAへの変換は、他のカロチンでも行なわれるようですが、構造の違いが原因して少々難しいようです。そして、カロチンを多く産生する植物は、特定のカロチンだけを作るだけでなく、併せて各種のカロチンを作るようです。
2 優れた抗酸化物質
 植物は、太陽光線を浴びて葉緑素(クロロフィル)で光合成を行なっていますが、このとき、活性酸素が発生し、葉緑素にダメージを与えます。これを防ぐのが一つにはベータ・カロチンをはじめとする各種カロチンなのです。よって、多くの植物がカロチンを産生し、葉緑素を保護するのは元より、葉緑素がない部位、例えば根や花などにもカロチンを供給し、太陽光線以外の原因で発生する活性酸素にも対応しています。
 よって、植物を食べた動物にも、このカロチンが体内で発生する活性酸素を消去する手助けになるのです。そして、先に述べたようにカロチンは脂肪組織で備蓄可能ですから、活性酸素除去で消耗したカロチンを順次全身に補給できるから都合が良いです。
3 LDLコレステロールによる血管の閉塞を防ぐ作用
 ベータ・カロチンの効能として確かなものがあります。これがどのような機序で行なわれるのか、小生の調査不足で分かりませんが、抗酸化作用との関連がありそうです。なお、アルファ・カロチンなど他のカロチンに、この作用があるのか、これについても知りませんので申し訳ありません。
4 各種のがんの予防効果
 ベータ・カロチンが不足すると、がん罹患率が高まることははっきりしているようなのですが、必要量以上に摂取したら、どのような効果が現れるかについては、ベータ・カロチンで肺がんに関する調査研究がたくさん行われているものの、その効果は認められていません。もっとも、これは天然物ではなく合成品で行なわれた調査が大半ですから、断定することはできかねますが。
 興味深いのは、がん発生率についてベータ・カロチンには低下作用がないが、アルファ・カロチンには低下作用があるとの研究報告です。こうしたことから、特定のカロチン単独で摂取するのではなく、天然物の複合カロチンを摂取するとなると、がん発生率をかなり抑えられるのではないかと期待されます。

 日本には“冬至に南瓜(かぼちゃ)を食せば夏病みせぬ”ということわざがあります。
 長期保存が利き、大量に食べられる南瓜ですから、南瓜に濃厚に含まれるカロチン(ベータ・カロチンだけでなくアルファ・カロチンなども)の効果でもって長期にわたり健康を維持できるとするのは、先人の生活の知恵として確かなものでしょう。
 ですから、南瓜は常日頃から意識して食したいものです。冬から春にかけても南半球の国々から旬のものが輸入される南瓜ですから、年中食卓をにぎわすことができます。
 “南瓜を年中食べてカロチンを体内備蓄、これで生活習慣病が逃げていく”
 これが現代のことわざになって欲しいものです。

 最後に、表題は「ベータ・カロチン」としましたが、本文は「カロチン全般、つまり総カロチン」についての内容になってしまいました。お許しください。
   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/74-f11153b5

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR