血流大改善:銀杏葉&ミネラル剤で効き目グーンとアップ!

 銀杏葉エキス製剤は、銀杏葉エキスだけのものから他のサプリメントなり生薬を加えたものまでありますが、効き目がイマイチという場合も多いです。
 当店が扱っている全薬工業の「銀杏葉α(アルファ)」には、ビタミンE、アスタキサンチンヒハツエキス、クチナシ抽出物が配合されています。最初の2つは抗酸化作用、生薬のヒハツは即効的に血流を良くし冷えを改善する作用を持ち、生薬のクチナシ抽出物は脳の記憶を司る「海馬」の血流を改善します。
 末梢血流の改善、特に肩から上の血流改善に効果を発揮する銀杏葉エキスですから、それを補助するために、これらが配合されているのです。これによって、銀杏葉エキス単剤よりも幅を持って効き目を出しています。
 改良された「銀杏葉α(アルファ)」には、当初発売の「銀杏葉」にビタミンE以外の3つの有効成分がが配合されたことにより、確かに効き目がアップしました。

 でも、効き目がイマイチで満足できないというお客様も多いです。
 そうした方に、一押しなのが「総合ミネラル剤」です。
 抗酸化作用は、体内で作られるSODなどの酵素が一番強力に働きますから、そうした酵素の原料となる亜鉛、マンガン、鉄、銅、セレンを補給すると良いのです。また、脳の海馬は亜鉛によって働きを高めます。そして、これらやマグネシウム、クロム、モリブデンなどのミネラルは、新陳代謝(細胞の生まれ変わり)に必須のものです。
 現代の食事は、こうしたミネラルが十分に取れなかったり、肉食によるミネラル流出で、恒常的なミネラル不足になっている恐れが高く、総合ミネラル剤での補給が重要になってくるのです。

 当店のお客様には、まず両方をお勧めしますし、体がだるいと訴えかけられる方は、ミネラル不足であることが多く、両方飲まないと十分な効果が期待できません。
 なお、ミネラル剤は、各メーカーとも一日の目安量を一日の所要量としており、最初の1週間はそれで良いでしょうが、そんなに飲む必要はなく、当店では一日の目安量の3、4割を目途に飲んでいただいています。これで、十分効果を発揮するのがミネラル剤です。(2013.3.28追記:厚労省の行政指導があったようで、最近発売されるミネラル剤は一日の目安量を所要量の3割程度に改めたようです。)
 ただし、腸内環境が悪いと吸収率がガクンと落ちますから、努めて野菜食にするよう、お話しています。
 総合ミネラル剤の重要性については、別立てブログ「薬屋のおやじのボヤキ」の中で何本も記事にしており、例えば各種ミネラルの吸収(Ca:No.5)で詳しく説明していますのでご覧になってください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/64-25a076b4

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR