お医者様も絶賛の銀杏葉:北海道医療大学 羽賀正信教授

 ボケ治療の3条件を満たす銀杏葉エキス
 ボケの治療に役立つ薬は、3つの条件が整う必要があります。健忘症を防止すること、低酸素状態に抵抗性をもたらすこと、抗痙攣性のあること、の3つです。
 健忘症とは、よく物忘れをすることで、まだらボケとも言います。これは、脳内に小さな血栓ができて、その周辺の脳細胞が死ぬことによって起こると考えられています。こうした血栓ができるのを防がねばなりません。
 低酸素状態の抵抗性とは、血栓ができて酸素が供給されなくなった後、血栓が溶けて再び血液が流れ、脳細胞が死滅を免れることがあります。従って、低酸素状態に強い脳細胞であれば、ボケる危険性はどれだけか減るというものです。
 痙攣は、脳の電気的活動の異常によって起きますが、激しい場合には脳細胞の死滅に至ります。よって、神経の異常興奮が伝わるのを抑えねばなりません。
 しかし、これら3つの作用を同時に備えた薬は現在のところありません。
 ところが、この3つの作用を持つものが発見されました。
 ほかならぬ銀杏葉エキスです。

 虚血後再還流による細胞死を防ぐ銀杏葉エキス
 虚血とは、血管が詰まって血液が流れなくなることです。これが一時的に起きて、何らかの拍子に再び血液が流れ始めることがあります。これが虚血後再還流です。
 脳細胞の死滅が起こる前に、虚血状態になった部分に酸素が送られるようになると、一見正常に回復したかのように見えます。しかし、1週間後、虚血だった部分は、広範囲に細胞が死滅します。
 これは、再還流を始めると、そこには多量の活性酸素が生じるからで、これを、虚血後再還流による細胞死と呼んでいます。この活性酸素を強力に除去する作用を持っているのが、銀杏葉エキスなのです。
 
 銀杏葉エキスには、これ以外にも血管障害などに対して優れた薬効があって、動脈硬化が進んだり、高血圧になって血管に異常がでやすくなる中高年にとっての保健薬として、ヨーロッパでは圧倒的な人気を集めています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/46-eef300dc

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR