お医者様も絶賛の銀杏葉:賀茂病院 藤沢明生院長

(この記事は医療における食事療法ーイチョウ葉エキスを使用してーの要約です。)

 病院開設以来、食事療法の必要性を強く感じていた。しかし、カロリー管理に比べて、必要栄養素の全般管理は困難であることに気が付いた。
 そこで、栄養補助食品の応用が出来ないかと情報入手に努めたが、医者として患者への責任が果たせると認識できる納得性と信頼感を感じさせるものはなかった。
 今回、ある信頼できる人の経験から、イチョウ葉エキスを知ったが、あまりにも色々の症状に改善効果があり、しかも副作用は考えなくて良いという、夢のような話であったので、半信半疑ながら、イチョウ葉エキスの情報資料を入手し、内部検討の結果、医者として安心でき、何らかの改善が見られるのではないかという確信が持てたので、食事指導の一環として使用したところ、非常に短期間で諸症状・病状の改善を見たので報告する。

頭 痛:症例13 全例が著効
    驚く結果であった。患者の頭痛改善により、診療が行い易くなった。
肩こり:症例8 全例が著効
    長年の肩こり症の患者にも著効で、喜ばれた。
しびれ:手指の症例3 著効2、有効1
    下肢の症例2 著効1、有効1
    使用を止めると再びしびれが出てくるので、イチョウ葉エキスが働いている
    ことがはっきりしている。
動 悸:症例3 有効3
    動悸の改善で、不安感などの精神症状の改善があったように思えた。
便 秘:症例8 著効6、有効1、やや有効1
    便秘症のために使用したのではなく、副産物として改善を見た。
    頑固な便秘症は薬剤との併用で改善が見られた。
倦怠感:症例9 著効8、有効1  
    患者からは、何が調子良いのか分からないが、元気で頑張れるという感想で
    あった。
頻 尿:症例3 全例が著効
    軽度の前立腺肥大、前立腺炎の頻尿が改善され、1回の尿量も増加した。

総合判定
 どの症状に対しても、イチョウ葉エキスは、軽度のときは著効に改善し、重症のときは薬剤と併用すれば、薬剤単独よりも改善率は高い。
 日本では、薬効を示す物質として単一の成分を確認できていないために、薬事法で医薬品として認められないが、しかし、イチョウ葉エキスは薬に近い存在である。
 イチョウ葉エキスは、ごく薄い濃度でも活性酸素を除去する能力を有し、現代社会はストレスが多大で、慢性患者が増大する傾向にあることや、今後の高齢化社会を考えると、イチョウ葉エキスに寄せられる期待は大きいと言える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/40-94953929

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR