心臓は血流を作り出すポンプ?

 血流が命!と前項で述べました。
 ところで、この血流を生み出す仕組みはどのようになっているのでしょうか。
 心臓がポンプになって血流を生み出している、と一般に言われていますが、これは大きな間違いです。では、何が血流を生み出しているのでしょうか。
 この辺りのことについては、小山内博著「生活習慣病に克つ新常識」(新潮社)P148~の要約などから説明しましょう。
 まず、血流に関係する“ポンプ”を図解します。
血流ポンプ
 血流を作り出すメインポンプは肺呼吸
 息を吸ったときに、肺組織の圧力が高まって、血液が心臓に向かって押し出されます。息を吐いたときには、その逆となり、肺組織の圧力が低まって血液が心臓から肺に向かって流れ込みます。
 この呼吸を腹式呼吸で行うと、息を吸ったときに横隔膜が押し下げられ、内臓の圧力が高まって、内臓に溜まっている血液が静脈を通して心臓に向かって押し出されます。息を吐いたときは、その逆で、動脈を通して内臓へ血液が流れ込みます。
 こうして、腹式呼吸によって内臓の血流が作り出されるのです。
 胸式呼吸ですと、内臓の圧力変化が小さく、内臓の血流が滞り、内臓への酸素供給が不十分となってしまいます。意識して腹式呼吸をなさってください。
 自分が胸式呼吸だと思われる方は、1日に何回か腹式で深呼吸なさってください。
 ところで、なんでもないのにしょっちゅう咳をする方がみえます。
 これは、咳という急激な呼吸をすることによって、肺におけるガス交換を急進させて酸素を取り込むと同時に、内臓を急激に加圧・減圧して内臓血流を作り出そうとするもので、体が恒常的な酸素供給不足になっているからと考えられます。

 筋肉運動は血流を作り出すサブポンプ
 筋肉運動は、筋肉の収縮と弛緩がセットになっています。
 一方の筋肉が収縮すると、その筋肉内の血液が静脈へ押し出され、別の筋肉が弛緩して、その筋肉内に動脈から血液が入り込みます。筋肉自体の動きによって血液循環が生み出され、酸素供給を確保しているのです。
 筋肉を動かさなければならないときに必要となる血液循環は、このサブポンプによって基本的には作り出されるのでして、心臓への負担は生じません。
 マラソン選手のように、筋肉が十分に発達していると、軽いジョギングであれば、血圧も脈拍も安静時と変わりありません。
 ところが、運動を全くせず、筋肉が痩せ衰えていると、軽い運動でも筋肉による血液循環だけでは十分な血流が生み出されず、酸素供給不足となって、血圧も脈拍も高くし、かつ、呼吸を荒くして血液循環を作り出すしかなくなります。
 なお、肥満体の方は、分厚い体内脂肪を一緒に揺り動かすことになりますが、ここには血管がほとんどないですから、体内脂肪に圧がかかったり弱まったりしても血液循環は生じません。よって、運動した場合、筋肉が痩せ衰えている方と同じことになります。
 いずれの場合も、心臓に負担をかけずに十分な血液循環を生み出すには、適度な運動によって、全身の筋肉量を増やし、体内脂肪を減らして、マラソン選手にどれだけでも近い体型に持って行く必要があります。

 心臓はミニポンプの役割を強いられている
 血液の循環が何らかの原因によって部分的に悪くなり、その部分が恒常的な酸素不足になると、やむなく心臓が頑張って心筋を強く収縮させ、あるいは脈拍数を多くして、より多くの血液を循環させようと努力するようになります。その結果が高血圧であったり、安静時脈拍数の増大です。
 このように、心臓がミニポンプの役割を強いられている方が多いのですが、心臓本来の働きは、別のところにあります。
 心臓は脈動しているのですが、これは血液を循環させるためではなく、全身の細胞を揺り動かし、「俺たちは生きているんだぞ。全身の細胞たちよ、眠るな、働け。」という信号を送るのが最大の役割でしょうからね。もっとも、当の細胞たちにとっては、心臓の脈動は心地好い刺激に感じられ、これでもって、24時間一秒も休むことなく、生命というエネルギーの渦を円滑に作り出してくれているのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/34-403cc9bd

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR