こんな方に銀杏葉:四十肩、五十肩、腰痛など

 四十肩、五十肩は、そもそも腕のおかしな使い方により、肩関節の一部が部分的に酷使され、炎症を起こしている状態です。
 ここで、“ おかしな使い方 ” と言いましたが、ヒトはもともと四足動物で、それがいつしか直立二足歩行するようになったものですから、四足に適合していた “ 前足の付け根の関節 ”=肩関節 が異常な使い方をされるようになってしまい、加齢とともに “ 金属疲労 ” してきたと考えて良いでしょう。
 これを改善するには、四足本来の関節の使い方をすれば良いことになり、つまり、直立姿勢では使わない筋肉を使うようにするのが基本となります。
 四十肩、五十肩のストレッチ体操がありますから、先ずはそれをお勧めします。
 でも、毎日何回も体操するのはおっくうだし、その時間もないという方も多いでしょうね。そうした方は、温めの風呂に2、30分間浸かってみてください。たいてい楽になります。
 これは、血流が良くなったことにより、関節の炎症が一時的に弱まったからです。
 こうした血流改善により、四十肩、五十肩が楽になる方には、「銀杏葉エキス」がお勧めです。「銀杏葉エキス」の末梢血流改善作用によって、四十肩、五十肩が順次改善していくことでしょう。
 関節の炎症が部分的な血行不良であれば、「銀杏葉エキス」には即効性もありますから、1ヶ月もしないうちに楽になることもあります。しかし、「銀杏葉エキス」は遅効性の面が強く、2、3ヶ月要する場合が多いです。
 なお、血流改善に即効性があるヒハツ・エキスを配合した全薬工業の養生食品「銀杏葉α(アルファ)」は、「銀杏葉エキス」単味よりも早く効いてくるようです。

 腰痛についても、これは同様でして、四足本来の関節の使い方をしていないものですから、“ 後ろ足の付け根の関節 ”=腰関節 の一部が部分的に酷使されて生ずるものです。ですから、入浴によって改善されるのであれば、「銀杏葉エキス」が効果的なのは、四十肩、五十肩の場合と同じことになります。
 それ以外に、テニス肘、野球肘、ゴルフ肘といったものも、関節の部分的な酷使によるものですから、同様に思っていただいてけっこうです。

 四十肩、五十肩、腰痛などで痛みがあって、横になっても熟睡できないような重症の方は、一度「銀杏葉エキス」を2、3ヶ月間お試しになることをお勧めします。
 なお、「銀杏葉エキス」の血流改善作用は、関節のみならず全身、特に脳の血流を良くしてくれますから、半年程度経過すると、“ いきいき、はつらつ健康ライフ ” を楽しむことができるようになり、様々な生活習慣予防にもなる、すぐれものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/29-7cd96069

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR