こんな方に銀杏葉:めまい

 一口に「めまい」といっても、様々な種類のものがあり、老人性のもの、更年期に多いメニエル性のもの、若い人とお年寄りに多い起立性低血圧によるもの、暑さによる脱水から来るもの、血圧降下剤などの薬物性のもの、などなどです。
 また、頭が「もやもや、ふわふわ、もやーっとした感じ」がするといったものは、「めまい」の前段階と言えましょう。
「めまい」の原因を大別すると、耳から来るものと脳から来るものの2つです。
(1) 耳から来る「めまい」
 内耳にある三半規管と耳石器や、そこから伸びる神経に障害が生ずると「めまい」を起こすことがあります。
 激しい回転性の「めまい」を繰り返し、嘔吐を伴うメニエルがそうです。
 多くは、耳鳴り、難聴、耳閉感を伴うようです。
 なお、お年寄りの場合は、これらの器官や神経の衰えによって起こります。
(2) 脳から来る「めまい」
 平衡感覚を処理する部位や内耳へ血液を送る血管の血流が悪くなると「めまい」を起こします。
 また、起立性低血圧や脱水によって、一時的に脳への血流が悪くなったときにも「めまい」を起こします。
 血圧降下剤などの薬物は、ときとして脳への血流不足を生じさせて、「めまい」を起こさせることがあります。
 なお、脳から来る「めまい」は、耳鳴り、難聴、耳閉感を伴わないとのことですがお年寄りの場合は、元々耳鳴りなどがあって、それがために耳から来る「めまい」と混同されることがあります。
 
 どちらの「めまい」も、脳への血流を良くすることによって、かなりの改善効果が期待できます。
 (2)の場合(若い人の起立性低血圧と脱水による場合を除く)が、正にそうです。
 ただし、(1)の場合は、自然治癒力でもって改善するしかなく、血流改善をしたからといって全部が全部良くなるものではなくて、併せて、脳の「むくみ」を取ってあげると効果的です。
 また、メニエルの場合は、完治は難しいですが、脳の「むくみ」を取ってくれる漢方薬との併用で、症状の大幅な軽減効果が期待できます。

 脳の血流を改善してくれる強力な助っ人が「銀杏葉エキス」です。
「めまい」の改善率の臨床データは不明ですが、当店のお客様の例からすると、顕著な改善は10人中5、6人、まあまあの効果を含めて8人程度、効果なしが1、2人程度といったところと思われます。
「銀杏葉エキス」120mgを毎日お飲みになると、2、3ヶ月もすれば、「めまい」が軽減され、あるいは消失する方がけっこう多いですし、早い人は1ヶ月で効果が実感できます。
 通常2、3ヶ月かかるのは、脳の毛細血管の若返りに時間を要するからです。
 つまり、血流が悪化していると、毛細血管の細胞への酸素供給も滞っていて、その細胞の新陳代謝(細胞の生まれ変わり)が遅れていますから、老化した細胞だらけになっています。これでは、毛細血管の弾力は失われ、酸素を運ぶ赤血球が通りにくい状態にあります。
 そこで「銀杏葉エキス」を供給してあげると、血流が促進されて、毛細血管の細胞へ酸素供給が何とかでき、その細胞の正常な新陳代謝ができるようになります。
 ただし、新陳代謝は一斉に進むものではなく、一つ一つの細胞が、順々に少しずつ若返った細胞に入れ替わっていくだけですから、毛細血管が弾力を取り戻すまでに、どうしても時間がかかります。
 根気良く「銀杏葉エキス」120mgを毎日飲み続け、毛細血管が順次若返り、弾力を取り戻してくれますと、血液の流れがスムーズになり、脳細胞や耳の器官などに十分な酸素供給がなされ、平衡感覚の機能が正常化すると考えられます。
 なお、全部の細胞が生まれ変わる(新陳代謝する)には、60歳であれば6ヶ月、80歳であれば8ヶ月というふうに加齢とともに遅くなります。また、血流が悪い部位は、酸素供給が滞っていますから、実年齢以上に老化した細胞になっています。よって、毛細血管が実年齢並みに若返り、弾力を取り戻すには、半年以上はかかります。反面、半年以上「銀杏葉エキス」を飲み続ければ、血流がよりいっそう良くなってきて、血管が実年齢より10歳以上若返ることも期待できます。
 よって、「めまい」がなかなか改善しない方であっても、半年、1年と、根気良く「銀杏葉エキス」120mgを毎日飲み続けていただくと、「めまい」の頻度は着実に落ちてくる傾向にあります。
 そして、「銀杏葉エキス」の血流改善効果がますます高まってきて、「記憶力」を司る脳の分野「海馬」などへの血流を大幅に改善するよになりますし、併せて、全身の血流を各段に良くしてくれますから、半年、1年経つと、“いきいき、はつらつ健康ライフ”を楽しむことができるようになり、様々な生活習慣病の予防にもなります。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/18-f4e420db

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR