こんな方に銀杏葉:頭痛持ち

 頭痛には様々なタイプがあり、原因も様々です。
 多くの頭痛は、局所的に一時、血流が滞って「酸素不足」の危険信号として発せられると考えて良いでしょう。
 “ 酸素が欲しい! ” という “ 悲鳴 ” が脳中枢に伝わり、ここで初めて「頭痛」として感ずるのです。
 さて、「頭痛」が感じられたら、まず「鎮痛剤」を飲むのが一般的です。
 これで「頭痛」は、たいてい治まります。
 でも、「鎮痛剤」が血流を良くしてくれるのではありません。「鎮痛剤」は、“ 悲鳴 ” の “ 口ふさぎ ” をしたり、“ 悲鳴 ” を脳中枢へ伝える回路を “ 遮断する” だけですから、“ 悲鳴 ” が “ 無音 ” になるだけで、脳中枢は治ったと錯覚しているのです。つまり、「鎮痛剤」は「麻酔薬」と同質のものなのです。
 そして、「頭痛」を治すのは、薬ではなくて、あくまで自然治癒力によります。「鎮痛剤」を飲まなくても、光や音の刺激の少ない快適な場所で安静にしていれば、脳への血流が増えて、1、2時間もすれば「頭痛」が消えるのが普通です。
 でも、今の世の中、そんな暇はなかなかなく、動き回らねばなりません。「鎮痛剤」で誤魔化してやれば、効き目は8時間程度は持ちますから、安静にしていなくても、数時間もすれば、自然治癒力で直すことができます。
 度々のように「鎮痛剤」を服用すると、恒常的な「酸素不足」により、脳細胞や神経回路の正常化を遅らせ、障害を持つに至るとも限りませんから、慎みたいです。
 また、常用すると、胃を荒らしたり、低体温にしたりと、体にも良くないです。

「鎮痛剤」に頼らないためには、脳血流が滞らないようにしてあげることです。
 これの強力な助っ人が「銀杏葉エキス」です。
「銀杏葉エキス」120mgを毎日お飲みになると、1ヶ月もすれば、「頭痛」がだんだん和らいできます。そして、2ヶ月、3ヶ月と飲み続けていただくと、「頭痛」から開放されることが多いです。
 ところで、「頭痛」がしたら「銀杏葉エキス」を飲み、即効的に効いてくるという方もおみえです。これは、「銀杏葉エキス」に活性酸素を消す力が大きく、「頭痛」は活性酸素の過剰発生が引き金にもなりますから、こうしたことがあるのでしょう。
 こうしたケースは一般的ではありませんが、通常、「銀杏葉エキス」が働いて「頭痛」が解消するのは、次によると考えられます。
 恒常的に脳血流が悪くなっていると、毛細血管の細胞への酸素供給も滞っていて、その細胞の新陳代謝(細胞の生まれ変わり)が遅れていますから、老化した細胞だらけになっています。
 これでは、毛細血管の弾力は失われ、酸素を運ぶ赤血球が通りにくい状態にありますから、いくら「銀杏葉エキス」に血流改善作用があるといっても、一気に正常な血流に持って行くことはできません。
 でも、毛細血管の細胞への必要な酸素供給は何とかできます。すると、その細胞は正常な新陳代謝ができるようになります。ただし、新陳代謝は一斉に進むのではなくて、一つ一つの細胞が、順々に少しずつ若返った細胞に入れ替わっていくだけですから、毛細血管が弾力を取り戻すまでには、どうしても時間がかかります。
 根気良く「銀杏葉エキス」120mgを毎日飲み続け、毛細血管が順次若返り、弾力を取り戻してくれますと、脳血流が順次スムーズになり、脳細胞や脳神経への十分な酸素供給ができるようになりますから、やがて頭痛から開放されるようになるのです。
 特に、「緊張型頭痛」の場合は、後頭部の下の首筋に “ はり ” が生じていて、つまり筋肉が硬くなって血流を悪くし、これが原因で起きることが多いですから、「銀杏葉エキス」が大変有効です。
 それに対して、「偏頭痛」の場合は、脳内の動脈の “ けいれん ” によって起きることが多いですから、「銀杏葉エキス」だけでは十分な効果が得られないことがあります。「偏頭痛」の方は、ミネラル不足、わけても「マグネシウム」不足のことが多いですから、「銀杏葉エキス」と併せて「マグネシウム」を補給すると改善する傾向にあります。
 なぜに「マグネシウム」かと言いますと、筋肉(動脈も)の収縮・弛緩は、「カルシウム」と「マグネシウム」のイオンが筋肉細胞から出たり入ったりして行われていて、「マグネシウム」が不足すると弛緩できにくくなり、“ けいれん ” 状態に陥りやすいからです。
 こうしたことから、最近の鎮痛剤には「マグネシウム」が配合されているものが出回っていますが、応急的に摂っても予防効果はないですから、「マグネシウム」は毎日補給したいものです。なお、「マグネシウム」が不足する食生活ですと、各種ミネラルの大半も不足していると考えられますから、「総合ミネラル剤」をお飲みになることをお勧めします。
 なお、正しい食生活をし、「マグネシウム」が足りていても、「偏頭痛」に悩まされる方がいらっしゃいますが、これは、ストレスが恒常的にかかっていると、ミネラル流出しやすい体質になり、血液中の「マグネシウム」が不足するからです。よって、ストレスが掛かりやすい方は、「総合ミネラル剤」が必須のものとなります。

 ところで、頭痛が治ってしまったからといって、「銀杏葉エキス」や「総合ミネラル剤」を飲むのを止めてしまうと、生活習慣が変わらない限り、再び脳血流が滞りがちになり、やがて元の状態に戻ってしまい、「頭痛」に悩まされるようになります。
 よって、頭痛が治った後においても、毎日、「銀杏葉エキス」や「総合ミネラル剤」を飲み続け、十分な血流を確保してあげねばなりません。
 そして、「銀杏葉エキス」の血流改善効果は、脳全体、特に記憶分野に効果的に働きますし、また、全身の血流も良くしてくれますから、半年程度すると、“ いきいき、はつらつ健康ライフ ” を楽しむことができるようになり、様々な生活習慣の予防にもなります。 
 さらに、「総合ミネラル剤」は、細胞の新陳代謝を円滑にする「亜鉛」が配合されていて、細胞の若返りを促進してくれますから、よりいっそう “ いきいき、はつらつ健康ライフ ” をサポートしてくれる “ 車の両輪 ” として、力強く働いてくれます。
 当店で自信を持ってお勧めししているのが、この「銀杏葉エキス」と「総合ミネラル剤」の合わせ飲みです。多くのお客様に喜んでいただいています。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/16-5652b36d

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR