スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトの体細胞総数37兆2千億個のうち26兆個も存在する赤血球を健全にしましょう

 ヒトの体は60兆個の細胞からできており、そのうち20兆個が赤血球と言われ続けてきましたが、このブログで「健康は赤血球で決まる」と題して、この数字は大きく間違っていることを紹介しました。
 「ヒト細胞の総数は37兆2千億個。そのうち26兆個が “赤血球” である」というのが最新の予測数値で、従前の概数とは随分と異なったものになっています。
 ここで注目すべきは、「いかに赤血球が多いか」ということです。
 よって、赤血球にもっと目を向け、赤血球の健全化をいかに図るか、その方策はいかに、ということに対して、我々は十分に取り組まねばいけないでしょう。

 赤血球は、核もミトコンドリアもない細胞で、ヘモグロビンが肺で酸素を抱きかかえ、二酸化炭素の刺激により毛細血管で酸素を吐き出すという、たった一つの仕事を繰り返し繰り返し行っています。
 その寿命は、核もミトコンドリアもない細胞ですから自己修復力はなく、たったの120日しかありません。
 赤血球は血液循環する間に何度も脾臓を通り、脾臓内の開放性血管から血液が流れ出て、フィルターを通過した健全な赤血球が再び脾臓から出ていき、体内循環します。
 老化した赤血球は変形能が落ちていますから、フィルターに引っ掛かり、マクロファージによって貪食されて一生を終わります。
 このときにマクロファージに元気がないと、速やかな貪食ができず、老化した赤血球がフィルターをすり抜けていきかねません。変形能が落ちている老化した赤血球は、毛細血管を詰まらせたり、互いにくっつき合ったりして、血流を悪くしてしまいます。
 マクロファージは白血球の一種で、免疫力が落ちると働きが落ちますから、スムーズな血流を確保するうえで、免疫力の維持がまず重要なことになります。
 それと併せて、膨大な数の赤血球を毎日作り続けねばなりません。赤血球の新生です。これは主として骨髄で行われるようですが、それをスムーズに行うには「骨休め」が何といっても重要です。地球の重力負荷は相当なもので、これによって赤血球の新生が阻害されますから、十分な睡眠(横になり重力負荷を開放するだけでも効果あり)をとり、疲労を解消する必要があります。
 赤血球にとって最大の敵は活性酸素です。自己修復力がない赤血球ですから、活性酸素にさらされて細胞膜に傷が付いても修復されることはなく、働きを鈍らせていきます。変形能が落ち、酸素放出力が落ち、互いにくっ付きやすくなるのです。
 過剰に活性酸素が発生しないような生活習慣が望まれるのですが、ストレス社会の現代において、これは無理な相談です。
 連日、過剰にストレスを受ける方は、抗酸化作用に優れたものを体内補給するしかありません。ファーストチョイスは「銀杏葉エキス」です。その高い抗酸化作用でもって赤血球を守ってくれましょう。
 そして、今、注目されているのは生薬の「牛黄」です。
 「牛黄」は活性酸素除去のみならず、赤血球の新生、変形能の維持、マクロファージの活性化など、赤血球の一生に深く関わり、健全な赤血球を多くしてくれますし、その結果、血流の正常化にも大きく寄与するのです。なお、「牛黄」は、疲労回復にも優れた効果を発揮します。
 ヒト細胞の7割をも占める赤血球です。赤血球が健全であれば、ヒトの体も健全になると言っても過言ではないでしょう。「銀杏葉エキス」製剤と「牛黄」製剤を毎日お飲みになることをおすすめします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/139-abbd3d95

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。