銀杏葉との出会い “銀杏葉に惚れ惚れ”

 小生が初めて「銀杏葉(いちょうよう)」に出会ったのは、今から15年ほど前のことです。中堅製薬メーカー全薬工業が養生食品シリーズを出し始めて確か2年目に「養生食品:銀杏葉」が発売されました。
 1か月分6,000円(税別)と少々高いものですし、健康補助食品ですから、医薬品のように直ちに何かに効くというものではなく、売りにくいなと思っていました。
 発売したメーカーも、これはあくまで “ 食養生 ” のためのものであって、緑黄色野菜と同様に毎日飲み続けることによって、製品のパッケージに表示してある “ いきいき、はつらつ健康ライフサポート ” ができるようになるものと言います。
 この「養生食品:銀杏葉」が発売されたとき、既にドイツなどでは、銀杏葉エキスは医薬品として10年以上の実績があって、様々な症状に効くということが幾つもの書物で詳しく紹介されていましたし、健康雑誌でも大きく取り上げられていました。
 何気なく読むだけで放置していたそれらの書物や雑誌にあらためて目を通してみますと、あれこれと物凄い効果が期待できるとあります。ただし、当時も今も大差ありませんが、健康食品の薬事法違反は目を覆いたくなるものがありました。加えて、健康を害するものも多く、中でも銀杏葉は、かぶれ成分を含んでいますから、これを除去しないことには危険であるにもかかわらず、それをしないで発売されるものがあって、時々問題を起こしていました。
 でも、かぶれ成分を除去した銀杏葉エキスは、西欧では医薬品として数多くの臨床データがありましたし、作用の仕組みも解明されつつありました。その多くは脳血管系のものでしたが、日本人に特有の肩こりにも効くとのこと。
 当時45歳の我が女房は頭痛持ちの上に肩こりで悩まされていました。毎晩、肩を揉まされる小生。少々うんざりしていましたから、早速「養生食品:銀杏葉」なるものを飲んでみよと勧めたところ、3か月目になって効き始めて頭痛が取れ、4か月目からは肩揉みをする必要がなくなりました。
 肩揉みから開放された小生です。加えて、女房は、月1回の按摩さん通いが不要となりました。1か月たったの6,000円(ただし税別)で済み、こんな安い買い物はないと、2人で大喜びしたものです。
 リコリスやドックマンなどの医薬品のみならず「養生食品」についても、その製品開発にこだわりを持って当たっている全薬工業です。よって、「養生食品」シリーズ「銀杏葉」の発売は、他社より遅れましたが、高品質の製品であると確信できましたし、自信を持ってお客様にお勧めできる “ 食養生 ” の1品となった次第です。
 今では“銀杏葉に惚れ惚れ”、ブログの表題もそうしてしまうほど惚れ込んでいます。
(注:「銀杏葉」は、その後「銀杏葉アルファ」にバージョンアップされて、今日に至っています。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://kmiyake.blog.fc2.com/tb.php/1-1b122e58

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR