銀杏葉αはいつどれだけ飲んだらいいのか(その2)

 まず、主成分の銀杏葉エキスの効き方について研究報告を2つ得ていますので、それを紹介しましょう。

<1>顕著な効果は摂取2時間半~6時間後
 健常男女20名にギンコライドを含むイチョウ葉エキスを120, 240, 360mg 摂取させると、記憶力に改善が見られました。特に摂取2時間半~6時間後までは、摂取量に比例して記憶力改善が見られたことから、イチョウ葉は健康な方の記憶力改善にも役立つと期待されています。
<2>効果が9時間持続
 加齢が関連した短期間の記憶の喪失や、その他の脳の軽度の障害の徴候に対して有効な摂取量は十分に試験が行われていて、1日当たりトータルで120mgを3回に分けて摂った場合であることがわかっている。
 つまり、1回に40mgを1日3回摂るのが最も効果的で、1粒に40mg程度の銀杏葉エキスが入っている製品ならば理想的である。
 重い痴呆症やアルツハイマーに対しては、もっと多量に摂ったほうが効果があり、一般に臨床試験で用いられている量は1日当たり240mgである。
 銀杏葉エキスを摂って、1時間以内に脳波の働きが活発になっている。銀杏葉エキスを摂って1時間かそこらで、より明瞭にものが言えるようになった被験者もいる。
 1回の投与で9時間も効果が持続するのを我々は見てきた。

 以上のことからして、軽度の障害(記憶力低下など脳障害の他に、肩こり、頭痛なども)の場合は、銀杏葉α1粒( 銀杏葉エキス40mg含有)を朝昼晩の3回飲めば、概ね十分に脳の血流量を増大させてくれるということになります。
 これで改善効果があまり感じられないとなれば、倍量(2粒)を1日3回飲んでみるということになりましょう。摂取量に比例して記憶力改善が見られたということからして、それだけ血流量がアップしたと考えられますからね。
 しかし、忙しいこの世の中、1日3回は面倒ですし、飲み忘れもあります。効果継続時間は6~9時間ありますから、朝まとめて2粒(80mg)か3粒(120mg)飲むと、よりいっそう効果が実感できることでしょう。
 軽度の障害はこれで1日を乗り切ることができましょうが、軽度でない場合は効果が切れてくる夕刻前に症状が現れてくることでしょう。そこで、夕刻前に再び2、3粒飲ねば1日を楽に過ごせることになります。
 これが一般的な飲み方になりますが、銀杏葉αには銀杏葉エキスの他に有効成分が4種類含まれており、その効き目の継続時間は承知していないのですが、通常、朝3粒まとめて飲むと概ね丸1日症状を感じなくて過ごせそうです。
 よって、当店ではそうした飲み方をお勧めしていますが、なかには2回に分けて飲んだほうが効くという方もいらっしゃいます。これは個人差もあってのことでしょう。また、なかには晩にまとめて飲むとぐっすり眠れるという方もいらっしゃいます。
 ちなみに、小生は銀杏葉α朝3粒と晩1.5粒(爽心明2粒)の2回ですし、女房は銀杏葉α朝昼晩1粒ずつという飲み方を基本として症状がきついときは各2粒ずつとしています。
 ここらあたりは、いろいろ試してみて、自分の症状の取れ方などを観察しながら最適の方法を見つけ出されるとよいです。
スポンサーサイト

排尿障害の克服に向けて

(この表題の記事は過去に投稿していたのですが、いつの時点だか分かりませんが、誤って削除してしまいました。よって、その要旨を思い出しだし記事にし、新たにペポカボチャの種について記したところです。)
 

 どこといって悪くない丈夫な体が68歳になっても維持されている小生。1年ちょっと前に他界したおふくろは享年98であったし、その実母の小生のお祖母さんも享年98で逝ったのですから、長寿の家系にあるのでしょう。
 ところが、小生に1つだけ悩みがあります。夜中と朝一番の小便の出がいつもとんと悪いのです。もっとも夏季はそれほどのことはないのですが、冬季となるとたいそう気になります。加えて、日中でも体が冷えきったうえに小便が溜まり過ぎたときにはチョロチョロとしか出まず、排尿に随分と長時間を要します。
 こうした症状が還暦過ぎから気になりだし、年々少しずつ悪化し、65歳になってからは、その状態がかなり顕著なものとなってきました。
 このまま放置したのでは、近い将来、小便がしたくても全く出なくなってしまうのではないかと心配になります。
 どうしたらいいだろう?
 今まで何も対処しなかったわけではありません。薬屋として、自分がいい臨床例になるから、あれこれ健康食品や漢方薬を試し、また、それらを組み合わせ、といった形で試行錯誤を繰り返してきました。
 それらを例示すると、銀杏葉エキス、ノコギリヤシ、ペポカボチャの種、八味地黄丸、鹿茸です。
 還暦前までは銀杏葉エキス製剤(全薬工業の「銀杏葉α」)、これは50歳頃から血流改善のために毎日ずっと飲んでいますが、人によってはこれだけで排尿がスムーズになることもけっこうあるようです。
 → こんな方に銀杏葉:排尿困難
 でも、小生は、これだけではとても無理。
 従って、小生の場合はベースに銀杏葉αを置いていることになるのですが、他に何かを足してみる、という形でいろいろ試してきたところです。
 その結果、昨年、小生67歳での最も効果的と思われた足し込みは、ペポカボチャの種を主体とした健康食品(全薬工業の「さわやか紳士」)と八味地黄丸の組み合わせです。
 八味地黄丸だけでもまあまあの効果を感じていましたから、今夏からは八味地黄丸を毎日飲み続け、冷え込んで排尿が思わしくなくなってきた晩秋頃から「さわやか紳士」を足し込み、これを1日1包(推奨量は1日2包)を飲んだところ、今のところ、やはり排尿がけっこう楽になっています。
 ところが「さわやか紳士」はけっこう高価で毎日飲むには出費が掛かりすぎます。
(2016年12月2日)
 そこで、先日ペポカボチャの種(生)をネット通販で取り寄せ、昨日その大半をフライパンで炒って、とりあえず6粒毎日飲むことにしました。なお、前日までは「さわやか紳士」を飲んでいます。
 これでしばらく様子を見て、効き目が悪ければ6粒を10粒にするなり、運よく効き目が感じられたら4粒に減らすなり、といった形で臨床実験を進めていこうと考えています。
 これがうまくいったら、残してある種(生)を来年、畑で栽培し、ペポカボチャの種を自家採取しようと目論んでおります。
 さて、どうなるやら。
(2016年12月24日)
 ペポカボチャの種6粒をずっと飲み続けています。他には、銀杏葉αと八味地黄丸です。
 宴会があったりして酒を飲み過ぎると、小便の出が悪くなりましたが、毎日(夜中や朝)の小便の出は思いのほかスムーズです。有り難や、有り難や。
 

朝の目覚めが良くなり、気分を晴れやかにしてくれる爽心明

 爽心明(銀杏葉、クルクミン、カルニチン、ヒハツ、アスタキサンチン配合)が発売されて数か月が経ちました。同業者と情報交換するなかで、飲んで1週間もすれば「朝の目覚めが良くなり、気分を晴れやかにしてくれる」という、うれしい結果が数多く出ていることが判明しました。
 それを「爽心明だよりNo.1」としてDM作成し、お客様にお知らせしたところです。
 なお、当店のお客様にあっても、少々うつっぽい方にお勧めしたところ、わりと効果があったようで、2箱目を買いにみえました。

爽心明だより1

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR