アレコレ症候群が高じてボケに?

 「あなたはアレコレ症候群になっていませんか」という本があります。
 “もの忘れ外来”の先駆者、平塚秀夫医学博士の著で、2003年小学館(サライ・ブックス)から発刊されています。
 記憶力復活法がいろいろ紹介されており、最近、小生もこの本を入手しました。
 これはこれで機会を捕らえて紹介したいと思いますが、「アレ・コレ」を題材とした川柳で忘れられない傑作があります。
 これをメインに他にも類似した川柳を幾つか並べて、当店発行のチラシ「銀杏葉だよりNo.4」で紹介し、アレコレ症候群が高じてボケにならないよう、注意を喚起したところです。

銀杏葉だより4
スポンサーサイト

ボケ防止:加齢に比例して脳細胞の数を増やしませんか

 脳の神経細胞の数は生まれた時点で決まっていて、その後に増えることはないと言われていました。神経細胞は別名「分裂終了細胞」と言われ、筋肉や内臓の細胞と違って細胞分裂して新陳代謝することはなく、そのままの姿で在り続けるからです。
 そして、成人では1日に10万個の割合で脳の神経細胞は死んでいくと言われ、加齢とともにその数はどんどん減っていく一方です。
 それに伴なって、脳の活動も落ち、記憶も順次失われていくのが一般的です。
 ところが、ネズミの飼育実験で、「ほど良い刺激があり、良好な環境」で育つと、古い皮質「大脳辺縁系」の「側頭葉」に位置する「海馬」という部位は、加齢に伴ってだんだん大きくなり、そして「海馬」が大きいほど「賢い」ことが分かりました。また、歳をとってからそうした環境に移してやっても同様な現象が生ずることも分かりました。
 つまり、理想的な環境で暮らすと、「海馬」の神経細胞は増え続けるのです。ネズミもヒトも脳の基本構造は全く同じですから、これはヒトにも当てはまることです。
 実際に、イギリスに医学データがあり、タクシー・ドライバーの方々の「海馬」は普通の人より大きく、また、勤続年数に比例して増大しています。イギリスのタクシー・ドライバーは優秀で、たくさんの道路や施設を覚えることで有名ですから、こうしたことになるのでしょう。
 なお、「海馬」の働きは、新たな記憶を作り出し、その記憶を短時間(30秒ないし数分)保持するものです。これを「短期記憶」と言いますが、「これは」といった情報は、脳内で自然と反復して確かなものにしたり、意識的に繰り返し見たり書いたり口にしたりすれば固定化され、側頭葉はじめ脳の各所に送られて「長期記憶」として保存することが可能です。そして、「長期記憶」は、そのまま雑然と保存されるのではなく、ある程度整理分類したうえで保存され、その記憶容量は無限大と言ってもいいほど大きいです。
 ですから、新たに何かをしっかり覚え込めば、それと関連する過去に覚えて長らく仕舞ってある記憶(そのまま放置されているといずれ消えてしまう)が揺り動かされて整理整頓され、新たな記憶も古い記憶も容易に引っ張り出すことができるようになるのです。
 こうしたことを毎日のように繰り返していくと、ネズミの例のように、「海馬」は成長し続け、どんどん「賢く」なっていけるのです。
 以上のことが、現代の脳科学で分かっていることです。

 身体が加齢とともに老いぼれてくる(ただし、筋肉を毎日適度に鍛錬すれば筋肉は衰えないと言われますが)のに対し、脳は加齢とともに若返ってくるとも言えるのです。
 そのためには、若かりし時代がそうであったように、毎日、毎時、毎分、絶えず心地好い情報がインプットされ、それが短期記憶として保存されなければなりません。
 何といっても、“記憶の司令塔”である「海馬」を常時活性化させておかねばならないのです。
 しかしながら、中高年ともなると、身体の老化で血流がどうしても悪くなります。脳への血流も当然に落ちます。そして、「海馬」への酸素供給が減ってしまい、その働きが鈍化するのは必然です。“年だから物覚えが悪くなったし、物忘れも激しくなった”となってしまうのです。
 願わくば、幾つになっても物覚えがよくて物忘れしない、そうした若々しい脳で在りたいものですね。
 それを手助けしてくれるのが「銀杏葉α(アルファ)」です。主成分の銀杏葉エキスは、身体全体の血流を良くする働きがあり、特に心臓から上の血流を改善してくれます。加えて、銀杏葉エキスのある成分は特異的に脳の「海馬」への血流促進を高めてくれます。そして、「銀杏葉α」に配合されている「クチナシ」抽出物「クロシン」が、別の作用でもって「海馬」への血流を良くしてくれます。
 なお、強いストレスがかかると「海馬」の働きが抑えられるだけでなく、発生した活性酸素によって「海馬」の神経細胞が少しずつ破壊されていくのですが、「銀杏葉α」に配合されている「アスタキサンチン」は脳内の活性酸素を強力に消去する能力を備えていますから、それをかなり防いでくれます。
 こうしたことからすると、「海馬活性化」のために作られたような「銀杏葉α」です。ボケ防止したり、アレコレ症候群から脱却するために、毎日飲んでいただきたい「養生食品」です。
 なお、「海馬」が欲しがるミネラルが亜鉛です。その働きはまだ解明されていないようですが、「海馬」には特異的に亜鉛が多く存在することが分かっていますから、亜鉛が「海馬」になくてはならないものと言えます。日本人に不足がちなミネラル・亜鉛です。
 総合ミネラル剤で亜鉛も補い、「海馬」をより活性化させてあげたいものです。
 参考までに、小生は「銀杏葉α」と「マルチビタミン・ミネラル」を毎日飲んでおり、アレコレ症候群の「アレコレ指数」測定テストを行ったところ、3段階評価の「上」それもトップクラスに位置しています。当年65歳ですが、その年齢であっても40歳代の「上」にランクされる記憶力を持ち備えているとの評価です。自慢話になってしまい恐縮ですが、皆さんにもおすすめしたい「銀杏葉α」と「総合ミネラル剤」です。

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR