中高年の何ともならない疲れに銀杏葉

 中高年の方で、“ アリナミンEXなどのビタミン剤を飲んでも一向に疲れが取れない、この何ともならない疲れが取れないものか。” とお悩みの方がけっこういらっしゃいます。特に、コレステロールなど生活習慣病の薬を長く飲んでおられる方に多いようです。
 これは加齢とともに体細胞全体の代謝が落ち、薬がこれに拍車を掛けて、実年齢よりも10歳、20歳老けた体になってしまい、よって、脳の前頭葉が固くなってしまっていることが原因していると思われます。
 前頭葉が固くなると、意欲が落ち、非常に疲労感を感ずるようになります。そして、憂鬱になって表情がなくなり、不眠・不安感が出てきます。感情の老化・心の老化です。これが高ずれば、鬱病、認知症へと繋がっていきます。
 また、40歳代の方でも前頭葉の血の巡りが悪くなると、異常な疲労感に襲われます。疲れは、体で感じるのではなく、前頭葉で感じるものだと心得てください。
 そこで、こうした症状に悩まされるようになったら、脳の血流をグーンと良くしてくれる銀杏葉エキスの出番となります。即効性は期待出来ないものの、1週間、2週間と飲み続けると、脳全体の血流が良くなり、少しずつ疲労感が抜けていきます。銀杏葉エキスも色々ありますが、即効性の成分などを配合した全薬工業の「銀杏葉α(アルファ)」がお勧めです。
 1日、2日で疲労解消という大きな即効性を期待したいのであれば、それに牛黄製剤を足します。救心製薬の「霊黄参」がお勧めです。1日分4カプセルで2000円です。
 なお、銀杏葉エキスは、おまけとして、全身の血流改善によって体中の細胞の代謝がアップしますから、だんだん若返ってきて、半年もすれば実年齢に近付きますし、1年、2年と飲み続ければ、実年齢より1回り若返ることも不可能ではありません。
 ただし、多くの生活習慣病の薬、特にコレステロールの薬を飲んでみえる方は、それによって代謝が阻害されますから、銀杏葉エキスの効果を半減させてしまいます。
 ところで、コレステロール、高血圧は、判定基準が厳しすぎます。そして、少しでも基準を超えれば医者が薬を処方したり、患者が薬を求めたりします。こんな国は日本だけです。なんせコレステロールの薬は世界生産量の6割を日本人が消費しているのですからね。高血圧にしたって、似たり寄ったりの状態です。
 命に関わる、とんでもない数値でなければ、こうした薬は飲む必要はないです。このことについては、小生の別立てブログ「薬屋のおやじのボヤキ」(右サイドバーのリンクの最初の項)で詳細に説明しておりますから、クリックしてご覧になってください。高血圧に関しては、そのブログが開いたら、左サイドバーのカテゴリー「高血圧」に5本の記事がありますし、コレステロール値に関しては、「脂質異常症」に6本の記事(中性脂肪の記事を含む)があります。
(備考)慢性的な疲労感は、別の原因で生ずることもあります。その一つは、ビタミン・ミネラル全般が不足して起きる「新型栄養失調」です。これについては別立てブログ「薬屋のおやじのブログ」の記事「あなたは新型栄養失調ではありませんか…」で説明していますから、併せてご覧になってください。
スポンサーサイト

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR