記憶力増強のために銀杏葉アルファ

 厚生労働省の公式見解でも「健常人に銀杏葉エキスを大量投与すると、記憶力が増強される」とあります。
 「大量投与」とはどの程度か分かりませんが、日本における通常の目安量は、銀杏葉エキス120mgですから、その2倍では「大量投与」にはならないものの、小生は「記憶力の増強」を期待して、約1年間、2倍量を飲むことにしました。3倍量では、かなり値がはりますから、2倍量で妥協した次第です。これは、2年前のことでして、今は、通常の目安量プラスアルファ(160mg)にしています。
 なぜ、2倍量を飲むことにしたかと言いますと、当時、2百数十ページの長大論文を書いていまして、前後のつながりをスムーズにしたり、あちこちに重複して同じような内容の記述が出てこないようにするためには、絶えず全文を頭の中で整理し、全体を掌握しておらねばならなかったからです。
 これには、相当の記憶力がないと無理な話で、還暦を過ぎた小生の脳では限界があって、いっとき遅々として論文の整理が進まなくなりました。
 そこで、銀杏葉エキスの助けを借りることにしたのです。
 それまでも銀杏葉は飲んでいて、“ 今日も1日元気で行こう ” と朝、3粒で120mgの銀杏葉エキスを含有する「銀杏葉α(アルファ)」を飲んでいたのですが、夜も同量を飲むことにしたのです。
 そうしたら、どうでしょう、何と論文の整理が進みだしたのです。夜の間に記憶が整理されるのでしょうか、朝の作業がスムーズに行くようになりました。
 「銀杏葉α(アルファ)」には、短期記憶を増強するクチナシ抽出物も配合されていますから、銀杏葉エキス単体より、当然に効果が高いと考えられますので、目安量の2倍量でもはっきりとした効果が生じたのでしょう。
 お陰で、長大論文を無事書き上げることができました。
 論文の完成をみたとき、「銀杏葉α(アルファ)」を倍量飲んでいなかったら、完成は少なくとも半年遅れただろうなと、感じた次第です。
 ところで、その後、次なる論文に着手したのですが、これは記憶力では何ともならず、閃きが出ないことには壁を突破できない性質の物でして、手っ取り早い方法は、古代ギリシャの哲学者がとった “ 長期断食 ” しかないのですが、それに挑戦する勇気がなくて、これは、当分の間、先に進みそうにありません。
 
スポンサーサイト

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR