フィトケミカル、ポリフェノール、アルカロイドetc.

 植物由来の成分として、フィトケミカル、ポリフェノール、アルカロイドなどカタカナ言葉がよく登場します。銀杏葉に関しては、さらにフラボノイド、テルペノイド(テルペンラクトン)という用語も用いられます。そこで、これらを一度整理しておきましょう。なお、分類の仕方の基本は、ウィキペディアにならいました。
(注)銀杏葉エキスに含まれる成分銀杏葉α(アルファ)に配合されている銀杏葉エキス以外の成分は、それぞれ色変え表示しました。

 植物性栄養素
 たんぱく質、脂肪、炭水化物=糖質(ブドウ糖、果糖、蔗糖、デンプン)、食物繊維(オリゴ糖、セルロースなど)、ビタミン、ミネラル
 フィトケミカル
 通常の身体機能維持には必要とされませんが、健康上良い影響を与える植物由来の有機化合物
 アルカロイド
 窒素(主としてアミノ基)を含み塩基性(例外あり)の有機化合物をいい、多くは動物から植物自身を防御するためのもので、大半は毒性を有しますが、そうであるがゆえに薬として利用されるものも多いです。例えば、モルヒネ、コカイン、ニコチン、カフェイン、キニーネ(マラリア治療薬)、コデイン(鎮咳薬)、ツボクラリン(筋弛緩剤)、コルヒチン(痛風鎮痛剤)といったものがそうですし、近年では抗がん剤として利用されるものが随分とたくさんあります。
 なお、ヒハツの主成分ピぺリンもアルカロイドの1種で、即効性の抹消血流改善作用があります。

 このように、人体への影響ぐあいから、以上のように3つに大別されます。ただし、アルカロイドでもあるカプサイシン(唐辛子の主成分)などを下記に例示したようにフィトケミカルに加える場合もあります。

 フィトケミカルに分類されるものは非常に多く、その化学的特性から次のように分類されます。(*印については、別途例示)
 ポリフェノール *フラボノイド
         *フェノール酸
         *フェニルプロパノイド
         *シゲトン類 
 テルペノイド  *カロチノイド
         モノテルペン(例:柑橘類のリモネン<抗アレルギー作用>)
               (例:メントール<口中清涼剤>
         フィトステロール(例:植物油に含有<コレステロール減少>)
         グリチルリチン(例:甘草の主成分<抗炎症作用>)  
 硫黄化合物   システインスルホキシド類(例:ニンニクの成分<解毒作用>)
         スルフィン類(例:ニンニクの成分<抗酸化、動脈硬化改善>)
 糖化合物    多糖類(例:キノコのβグルカン<免疫力強化>)
         配糖体(例:サポニン<去痰・界面活性作用>)
 長鎖アルキルフェノール誘導体(例:唐辛子の主成分カプサイシン)

 ここまで来ると、難しくて小生も知らないものが多くなりますが、全部を覚える必要はないでしょう。
 これらの中で代表的なもの(上で例示しなかったもの)を紹介しましょう。
 
 ポリフェノールは有名ですから、先ずこれに属する主なものを列記します。
 フラボノイド カキテン       お茶          抗酸化作用
        アントシアニン    ブドウ・ブルーベリー  抗酸化作用
        イソフラボン     大豆     女性ホルモン類似作用
        ルチン(ビタミンP)  ソバ      抗酸化・抗炎症作用
        ヘスペリジン(〃)  柑橘類の皮       抗酸化作用
        レスベラトロール  赤ワイン(ブドウ) 酸化作用、長寿効果?
        二重フラボン    <銀杏葉に特有>     抗酸化作用        
 フェノール酸 クロロゲン酸  コーヒー・ヤーコン  抗酸化作用
 フェニルプロパノイド セサミノール(セサミン)胡麻 抗酸化、動脈硬化改善
            タンニン 植物の渋味成分 [健康上好ましくない物質]             
 シゲトン類  クルクミン  ウコン 抗酸化・抗炎症作用、肝機能改善

 テルペノイドは馴染みのない言葉ですが、この中にカロチノイド(カロテノイド)が含まれ、これに属する主なものを列記します。
 カロチン(カロテン)カボチャ・ニンジンなどの橙色色素    抗酸化作用
 アスタキサンチン  甲殻類の皮、鮭の肉などの赤色色素    抗酸化作用
 ルテイン      ホウレンソウ・ケールなど(青色光を吸収)抗酸化作用
 リコペン      トマト・スイカなどなどの赤色色素    抗酸化作用
 クロシン      クチナシの黄色色素   抗酸化作用、脳(海馬)血流増強

なお、銀杏葉に特有のテルペノイドとして、次のものがあります。
 ギンゴライト  抗炎症作用
 ビロバライド  脳(海馬)血流増強


 以上、フィトケミカルに分類される化学物質をいくつか挙げましたが、実際にはこれだけではありません。まだまだ化学物質として特定されていないものが数多くあり、今現在判明しているものは抗酸化作用物質ぐらいなものでして、全体のごく一部でしかないと考えた方が良いでしょう。

 そもそも植物は動物よりずっと進化した生き物であって、エネルギーの缶詰を作る葉緑体を持っているのですし、太陽光という電磁波が発生させる活性酸素を消して有機物の破壊を防止しているのですし、動物という捕食者から身を守るために毒を製造しているのです。この3つの特性を動物である人間は、植物性栄養素としてエネルギーを得ているのですし、フィトケミカルとして健康に良い影響が与えられるのですし、アルカロイドの中から薬を得ているのです。
 しかし、植物本来の生命力に関しては、西洋科学では、まだほとんど解明されていません。
 例えば、灼熱の砂漠で植物が高熱で煮えてしまわないのはなぜか、極寒の地で植物が凍ってしまわないのはなぜか、高温から氷点下への日変化や季節変化があっても生きていけるのはなぜか、という温度変化に対する耐性の仕組みです。
 これと密接な関係にあるのが、ヒトの基礎代謝の制御の仕組みです。
 この点に関して、東洋科学では、仕組みを解明するのではなく、現象を理解するという手法でもって、植物本来の生命力を見い出し、それを人間に利用しようとします。つまり、体を温める植物は何か、その部位はどこか、体を冷やす植物は何か、その部位はどこか、ということについて、数多くの臨床例を積み重ね、その深い経験でもって、人間の基礎代謝の制御に上手に活用するようになってきています。さらには、それに熱を加えて煮たものはどうなるか、発酵させたものはどうなるか、ということについても深い知見を得ています。
 そして、これを陰陽(冷・温)食品表で示したり、調理・食品加工の方法を説明してくれています。

 こうして、フィトケミカルは西洋科学で「通常の身体機能維持には必要としないが、健康上良い影響を与える植物由来の有機化合物」と定義されるのに対して、東洋医学では、フィトケミカルに相当するものは「身体機能の維持のみならず、その向上に必要不可欠なものであって、健康のためになくてはならない植物がもたらしてくれる恵み」と定義される性質のものです。

 今後、西洋科学のフィトケミカル分野における化学物質の解明は、抗酸化作用物質以外に、抗炎症作用、免疫増強作用、ホルモン様作用などの物質の特定が少しずつ進んでいくと思われますが、その食習慣の違いから、最も肝腎な冷性・温性作用物質の解明については期待できそうにありません。なぜならば、肉は強い温性作用物質であり、これを常食している限り、冷性・温性作用を自覚することができないからです。自覚できなければ、研究の出発点において、研究テーマとして取り上げられることはあり得ないですからね。
スポンサーサイト

ポリフェノールを過信してはいけません

 ポリフェノールという言葉は誰もが知っているほど有名になりました。「赤ワインにはポリフェノールがたっぷり含まれていて、抗酸化作用があり、生活習慣病を予防してくれる。」ということで、脚光を浴びたのが元です。
 ポリフェノール(大分類)のうちフラボノイド(中分類)の1種であるレスベラトロール(ブドウの色素の1種:これが赤ワインのポリフェノールと呼ばれる)には、確かにそうした作用があるのですが、これでもって大きな効果が出るものでは決してありません。
 ポリフェノールの最大の特徴は抗酸化作用にあるのですが、体内での抗酸化作用の主役は、体内で作られる抗酸化物質なのです。
 体内合成される抗酸化物質で有名なのがSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)で、ご存知の方も多いでしょう。その他に主なものとして、グルタチオン・ペルオキシターゼとカタラーゼがあります。これらは皆、ミネラル酵素で、鉄、マンガン、銅、亜鉛、セレンが関わっています。
 ですから、体内で抗酸化作用を十分に発揮させるには、まずもって各種微量ミネラルが欠乏しないように食生活を正すのが第一となります。もし、食生活が乱れていて、微量ミネラル欠乏の疑いがある場合には、先ずは総合ミネラル剤の補給でしょうね。
 しかしながら、ストレスなどにより体内で大量の活性酸素が発生したときには、これらの抗酸化物質の体内合成が追いつかない恐れが出てきますので、そうした場合に備え、応援部隊としてポリフェノールなどの力を借りる必要性が出てくる、という考え方を取っていただきたいです。
 そして、体内合成される抗酸化物質が幾種類もあることから分かるように、その作用機序がそれぞれ異なり、あらゆる場所のどんな状態の活性酸素にも対抗できるオールラウンドな抗酸化物質は存在しないのですから、応援部隊となるポリフェノールなども、少しずつ幾種類も取る必要があるのです。
 そこで、外から補給する抗酸化物質について、著名なものを分類してみましょう。

 (大分類)   (中分類)  (物質名)    (高含有なもの)
 ビタミン           ビタミンC    野菜・果物
                ビタミンE    穀類(未精製)・ナッツ類 
 ポリフェノール フラボノイド カキテン     お茶
                アントシアニン  ブドウ・ブルーベリー
                ルチン      ソバ
                レスベラトロール 赤ワイン(ブドウ)
 テルペノイド  カロチノイド カロチン     カボチャ・ニンジン
                アスタキサンチン 甲殻類の皮

 大分類、中分類、物質名ともに、ほんの一部を例示しただけで、これら以外にもたくさんのものがあります
 どれをどれだけ採ったら完璧か、ということにもなりません。なるべく幅広く補給し、多方面から活性酸素の害を防ぐという方法しかないでしょうね。
 こうしたことから、正しい食生活というものが重要になってくるのですが、これほど難しいものはありません。
 よって、なるべくこれに心がけつつ、サプリメントとして何種類かの抗酸化物質を少しずつ補給する、という方法を取るしかないでしょうね。
 サプリメントとして一番のお勧めは「銀杏葉α(アルファ)」です。銀杏葉エキスに何種類もの抗酸化物質が含まれていますし、これの配合されている抗酸化物質が3種類(ビタミンE、アスタキサンチン、クロシン)もあるからです。 
  

ベータ・カロチンの重要性を再認識しましょう

 ベータ・カロチンのことについては、バージョンアップした?銀杏葉α(アルファ)の中で“ベータ・カロチンの悲劇”を記事にしましたが、ここでは、その有用性について、紹介することにします。

 概略すると、次の4点の効能があります。
 先ずベータ・カロチンの働きとして第1に挙げられるのは、必須栄養素であるビタミンAに容易に変換されるということです。
 次に注目されたのは、優れた抗酸化物質として、体内で発生した過剰な活性酸素を速やかに消してくれるというものでした。
 その後において、LDLコレステロールによる血管の閉塞を防ぐ作用があって、動脈硬化、心筋梗塞や脳卒中の防止効果があることが判明しました。
 また、各種のがんの予防効果が大なり小なり期待できることも分かりました。

 このように、ベータ・カロチンは、広い範囲で効能を発揮する優れものであることは間違いありません。
 でも、欠乏するとこうした疾患が大きく増えて問題になるのであって、充足している人が過剰に摂っても効果はたいして期待できないという性質のものと考えられます。
 ここのところを良く理解しておく必要があります。ちなみに、2008年、厚生労働省による疫学調査では、ベータ・カロチンが不足すると胃がんのリスクが約2倍になるという結果が報告されています。

 では、4点の効能について、もう少し詳しく説明しましょう。
1 ビタミンAに変換
 ベータ・カロチンは、小腸における消化によって容易に2分割されて吸収されもしますが、そのままでも吸収されます。そのまま吸収されたベータ・カロチンは脂肪組織で貯蔵されますが、ビタミンAが不足する状態になると、主に肝臓で2分割されてビタミンAに変換し、体内に供給されます。
 なお、カロチンは幾種類もあって、分子式は同じですが、その構造の違いによって、例えばアルファ・カロチンと呼ばれるものがあります。ビタミンAへの変換は、他のカロチンでも行なわれるようですが、構造の違いが原因して少々難しいようです。そして、カロチンを多く産生する植物は、特定のカロチンだけを作るだけでなく、併せて各種のカロチンを作るようです。
2 優れた抗酸化物質
 植物は、太陽光線を浴びて葉緑素(クロロフィル)で光合成を行なっていますが、このとき、活性酸素が発生し、葉緑素にダメージを与えます。これを防ぐのが一つにはベータ・カロチンをはじめとする各種カロチンなのです。よって、多くの植物がカロチンを産生し、葉緑素を保護するのは元より、葉緑素がない部位、例えば根や花などにもカロチンを供給し、太陽光線以外の原因で発生する活性酸素にも対応しています。
 よって、植物を食べた動物にも、このカロチンが体内で発生する活性酸素を消去する手助けになるのです。そして、先に述べたようにカロチンは脂肪組織で備蓄可能ですから、活性酸素除去で消耗したカロチンを順次全身に補給できるから都合が良いです。
3 LDLコレステロールによる血管の閉塞を防ぐ作用
 ベータ・カロチンの効能として確かなものがあります。これがどのような機序で行なわれるのか、小生の調査不足で分かりませんが、抗酸化作用との関連がありそうです。なお、アルファ・カロチンなど他のカロチンに、この作用があるのか、これについても知りませんので申し訳ありません。
4 各種のがんの予防効果
 ベータ・カロチンが不足すると、がん罹患率が高まることははっきりしているようなのですが、必要量以上に摂取したら、どのような効果が現れるかについては、ベータ・カロチンで肺がんに関する調査研究がたくさん行われているものの、その効果は認められていません。もっとも、これは天然物ではなく合成品で行なわれた調査が大半ですから、断定することはできかねますが。
 興味深いのは、がん発生率についてベータ・カロチンには低下作用がないが、アルファ・カロチンには低下作用があるとの研究報告です。こうしたことから、特定のカロチン単独で摂取するのではなく、天然物の複合カロチンを摂取するとなると、がん発生率をかなり抑えられるのではないかと期待されます。

 日本には“冬至に南瓜(かぼちゃ)を食せば夏病みせぬ”ということわざがあります。
 長期保存が利き、大量に食べられる南瓜ですから、南瓜に濃厚に含まれるカロチン(ベータ・カロチンだけでなくアルファ・カロチンなども)の効果でもって長期にわたり健康を維持できるとするのは、先人の生活の知恵として確かなものでしょう。
 ですから、南瓜は常日頃から意識して食したいものです。冬から春にかけても南半球の国々から旬のものが輸入される南瓜ですから、年中食卓をにぎわすことができます。
 “南瓜を年中食べてカロチンを体内備蓄、これで生活習慣病が逃げていく”
 これが現代のことわざになって欲しいものです。

 最後に、表題は「ベータ・カロチン」としましたが、本文は「カロチン全般、つまり総カロチン」についての内容になってしまいました。お許しください。
   

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR