薬屋さんが毎日飲んでいる物をお客様に知ってもらいましょう

 私たち薬屋さんほど恵まれた者はいません。
 「健康づくりに最適なものは何か、生活習慣をどう見直せば良いのか。」
 こうしたことを積極的に考えようとしなくても、毎日のように良い情報が製薬メーカーや健康食品メーカーから入り込んできます。
 よって、自分や家族の健康づくりという私的な問題が、知らぬ間に、仕事と一緒にこなせてしまいます。
 こんな有り難い商売に従事できて、「つくづく幸せだなあ」と感ずるようになったこの頃です。
 
 昨年、夫婦2人とも還暦を過ぎ、「あっちが痛てえ、こっちが痒いい」と、一人前の年寄りになりました。
 その約20年前、厄年には、どこか体におかしい所がでてくるのも実感しました。
 そのとき、「健康体に戻すには何がいいか、生活習慣のどこをどう正したらよいのか。」を考え、入手した情報の中から良さそうなものを実践することにしました。
 しかし、これはいいと思っても、そうではないことがしばしば。
 特に健康食品となると、裏切られるケースが大半です。同一名称のものであってもピンキリの差が激しくて、高品質のものでないと、効き目が出ません。
 でも、試行錯誤する中で、とうとう素晴らしい物を発見。
 ぴったりの健康食品が探せ出せたのです。
 以来、約20年間、体の変調を感じた度に、その繰り返しです。
 
 漢方薬もそうした面があるのですが、健康食品ともなると、メーカーは売らんがために良い事ばかり言います。
 全てのメーカーが「うちの会社の製品は優れもの」と宣伝していきます。
 これは当然のことでして、「うちの製品は効き目がない、他社の何々の方がうんといいです。」という輩なんているわけないですからね。
 ですから、薬屋の私たちも、メーカーの言うことには耳を貸さず、自分の体で臨床実験するしかないのです。
 そして、薬屋仲間で、飲んでみてどうだったかを情報交換する。
 そうした中で、より良いものも見つかっていきますし、2種類、3種類の組み合わせの妙も知ることが出来ます。

 ここまでは、自分と家族の健康づくりのための私的なことでして、薬屋さんでなければ、時間も銭も随分と浪費することになりますし、良き情報もなかなか入手できません。まず無理だと言った方がよいでしょう。
 ところが、薬屋である私たちは、どれだけかの時間と投資が必要となりますが、求めれば案外簡単にベストな情報を入手できるのです。有り難いことです。

 こうして得た良き情報は、自分や家族と同じような症状で困っておられるお客様にも、自信を持っておすすめできるようになります。
 そして、それを受け入れてくださったお客様から「これはいいわ、とてもいいものをすすめていただいて。」と感謝されるのですから、「趣味と実益を兼ねる」の数段上をいく楽しいお仕事(“お遊び”かな?)となってしまいます。
 そして、お客様にどんどんおすすめし、また一人、また一人とお客様にお飲みいただくことによって、より多くのお客様に喜んでいただけるようになります。
 加えて、知らず知らずのうちに薬屋稼業が安定して続けていかれることにもなってしまいます。

 ですから、薬屋さんは、「今、自分が、家族が、毎日飲んでいる漢方薬や健康食品」を積極的に情報開示しなければ、お客様に対して失礼になります。
 どうしたら、良いでしょうか。
 その第1は、自分が、家族が、毎日飲む漢方薬や健康食品を店内にまとめて展示しておき、そこから取り出して、自分が、家族が、毎日飲むことです。
 当店では、うちの老人3人(店主の小生、妻、おふくろ)が毎日飲んでいる物を、別々の籠に入れて「当店の家族のコーナー」に置いています。もっとも、おふくろは店を覗くことは滅多にないですから、店の籠の中から居所にある籠の中へ定期的に補充することにしています。
 そして、第2に、飲んでいる物の説明資料を脇に置いておき、相談されたお客様にスッと渡せるようにしておくことです。

 薬屋さんは、若いときから健康管理がしっかりしていますから、何も飲んでいない方も多いことでしょうが、一族郎党の中には、少なくとも1人や2人は健康を害している方がみえるでしょうから、その方で臨床実験し、それによって得られた優れものを、当店と同様な方法で展示なされば、同じ症状のお客様に喜んでもらえることになるに違いありません。
 これは、社会に奉仕せねばならない薬屋さんの責務です。小生は、そう考えるのですが、薬屋の皆さん、どう思われますか。
スポンサーサイト

2月12日スキルアップセミナーでの講演要旨 “ 未来は明るい ”

 中部地区の同業者の集まりで、講師を頼まれ、与えられた1時間15分。その講演内容の要旨を書き留めておきましょう。
 ところが、小生の講演は、最初から、連続して2つもつまづきがありまして、時間が足りなくなるやら、冷や汗をかくやら、大変なスタートとなりました。

 まずは、同業(個店の薬屋)の会長さんから、想定外の講師紹介をしていただきましたので、それに関する小生の生活習慣=朝昼抜きの晩飯1食主義=をなぜ採っているのかを説明せねばなりませんでした。これに15分を消費。
(これに興味がある方は、右サイドバーのリンク「薬屋のおやじのボヤキ」(別立てブログ)をクリックし、開いたら、カテゴリー「朝食抜き・断食で健康」の記事をご覧ください。)

 次に、当店が発行している毎月の新聞「生涯現役新聞」の説明に入り、
“ 最新号の「ロコモティブ・シンドローム」(これも同ブログに記事あり)、通称「ロコモ」を知ったのは、つい最近のことだが、皆さんはいつからご存知か。”
と挙手で問うたら、あらかたの方が既に2、3年前から知っておられる。
“ これでは、講師失格で、下に降りなあかんわ。”
と、皆を笑わせるも、冷や汗タラタラ。特に、私の前に講演をされた静岡県の同業の講師が、ベテランで博識、売り上手の方でしたから、なおさらです。

 そこで、知ったかぶりしても何ともならないですから、経験が浅く、知識もない、売り下手であっても、お客さんが着いて来てくださる、という当店の実態を、あからさまに紹介することにしました。
 一言で言えば、銀杏葉は、バカの一つ覚えで、銀杏葉、銀杏葉、銀杏葉はええよ、飲んでみてよ、と声かけしていれば、どういうわけか続けて飲んでいただける、不思議な商品です。
 他の健康食品は、同じようにやっていても、飲み続ける人はどんどん減っていくのに、銀杏葉はなぜかそうならない、わけが分からない商品です。
 2年前から扱われて、うちの倍も売っておられる、同じ岐阜の知り合いのお店でも、銀杏葉はなぜか続けていただける有り難い商品だとおっしゃる。
 銀杏葉の全体がそうかもしれないし、製品にこだわりを持つ全薬工業の「銀杏葉α(アルファ)」だからかもしれない。お客様が、毎月、高い銭を払ってでも飲み続けられるのだから、それなりの効果を感じておられるのでしょうし、あるいは、いつまでも健康を維持するには銀杏葉が一番と思っておられる、そんな推測しかできないのですが、銀杏葉には、きっと何かいいことがあるのでしょうね。

 そんな話から始めて、
 銀杏葉は、自分が、家族が、身内が、まず飲んでみて、効果が実感できたら、お客様に勧める。うちも、知り合いの店も、そうしたことがあったから、自信を持ってお客様に勧められるようになり、これからも売れていくのは間違いない。
と、お話しました。
 そのためには、チラシ、ポスター、大量陳列、レジ横陳列で、お客様に意識していただく必要があり、何といっても、ご来店いただいたお客様に座っていただく必要がある。長椅子が一番!
 知り合いの店も、他の店でも、あれこれたくさん売っておられるお店には、長椅子が置いてある。売りたいと思ったら、店内を模様替えして、長椅子を置くに限ります。うちも、そのうち、そうしなきゃいかん。
と、話したものの、うちは、まずまずの売上があり、面倒だから、いつになるやら、と正直に申しました。

 最後に、終わりを知らない2012年問題について説明。(その内容は、小生の別立てブログ「薬屋のおやじのボヤキ」(右サイドバーのリンク)で「2012年問題に突入、今年から“ 年寄り ” が急増」と題して記事にしていますから、そちらをご覧ください。)
 そして、今年から団塊の世代が65歳となり、「年寄り」が急激に増え、10年後には「後期高齢者」となり、更にその10年後には「老人ホーム」にご厄介になることになって、団塊の世代は、老人ホームから “ あぶれる ” という危機感から、“ 自分の体は自分で何とかしなきゃ ” と、健康食品や漢方薬を飲んでみようという風潮にあって、我が業界(個店の薬屋)は右肩上がりで、将来性があり、十分に食っていけるし、これから大きく伸びもする、という話をしました。
 そして、我が業界の過去と未来を黒板に分かり易く図示して、これを説明。

      売上(粗利)  
 1991年  400   (内訳:その1)    (内訳:その2)
 2001年  200  セルフ商品 推売商品  セルフ商品 推売商品
 2011年  100    50   50    80    20
 2021年  100    25   75    40    60
 2031年  100    12   88    20    80

 うちの店は、年々売上(粗利)が落ちてきて、10年で約半分、20年で約4分の1になった。セルフ商品は、大手ドラッグストアに客が走り、今後も同じ傾向を示すのは間違いない。
 10年後、20年後には、うちのセルフ商品は「内訳:その1」に示すように、大きく落ち込むに決まっている。
 でも、推売商品は、年々伸びる傾向にあり、2011年決算では、セルフ商品と同程度になって、10年後に5割増を果たせば、売上(粗利)は現況を維持できるし、その10年後は、わずか2割増でそれが可能となる。左ウチワとは言わないが、需要の急増が期待できるから、簡単に実現できることでしょう。同じ岐阜の知り合いのお店なんぞ、既に、2年前から、売上(粗利)が急増しているに違いないし、うちも2011年が底で、今年から少しずつ上向き傾向になりそう。
 推売商品の比率がまだ少ない「内訳:その2」のお店であっても、推売商品を10年後に3倍にすればよい。これは、ちょっと厳しいと感ずるかもしれないが、もともと根っこが小さいから、本腰を入れれば、一気に2倍に持って行くのは比較的たやすいこと。数年前のうちと一緒だ。20が40になれば、あとは60へ持って行くのは簡単で、10年後に今の売上(粗利)が確保できるし、伸びもする。
 推売商品のウエイトが75とか80になってしまえば、それは、もう「滋養・養生」専門店と言えるようになり、個々のお客様にしっかりカウンセリングできるようになるから、お客様の信頼がますます厚くなり、売上(粗利)が鰻登りとなるのは、団塊の世代の将来需要からして明確なこと。
 医者に頼っていては体を悪くすることを知りだした団塊の世代であるからして、より健康にしてくれる「滋養・養生」になる「漢方薬や養生食品」を求めるのであり、そうしたお客様に、“ 真に良いもの ” を積極的にご紹介していく責務が我々にはある。
 銀杏葉α(アルファ)が真っ先にその柱となる商品です。未来は明るい!!

 ここまで話したら、時間切れとなり、自分が、家族が毎日飲んでいる「滋養・養生」商品を店内で陳列すべきという話が出来ませんでした。(これについては、このブログの先日(2月7日)の記事をご覧ください。)
 まあまあ何とか様になる講演ができたと自負しているのですが、講演が終わった後で、出席されていた、同じ岐阜の知り合いのお店のご主人から、“ うちの店のことを随分と話してもらったから、出演料をもらわな。” と、これは冗談ですが、言われてしまい、そこで、帰りに岐阜で一杯やろうということになって、2人で駅前で飲んだものの、割り勘で済んでしまいました。
 機会を捉えて “ 出演料を払わなあかん ”(これは冗談)ですが、でも、薄謝の講師料では無理だわ!などと言い訳して(これは本当)、これからも割り勘が続くことでしょうね。 

当店が設置している血流計:BCチェッカー

 このブログ記事の中で、当店が血流計を設置していることを紹介しました。
 そしたら、どんな血流計かとの問い合わせがあり、メーカーと型番を回答したのですが、購入したのは平成16年1月でして、今では改良されて型番が変わってしまっています。
 どのように改良されたか分からず、申し訳ありませんが、興味がある方は、ネットで検索なさってください。
 なお、平成15年に全薬工業が機種選定して何台か購入されたものと同じものを当店が導入し、1年でもとが取れた優れものです。
 メーカー:フューチャー・ウエイブ
 製品名:BCチェッカー
 
 なお、この血流計で測定すると、血流図形がプリントアウトされ、パターン記号とスコア値が表示されます。(左隅に貼り付けたのは小生のデータ2014.7.12)
(注:血流年齢欄の数値は、当店で独自に定めたものです。)
血流測定結果
 

店内の蛍光管を年に2度全部取り替えてみませんか

 少々暑くなりました。今年は昨年以上に節電が求められましょう。
 昨年5月には、節電のため蛍光管を15%ほど外しました。
 そして、蛍光管を綺麗に拭いて光度を確保するとともに、全部取替え。
 うちの店では、10数年まえから、5月・11月に、そうしています。
 冬季は「昼白色」、夏季は「昼光色」にするのです。
 冬季は少々温かみがある色ですし、夏季は少々涼しさを感じさせる色です。
 なお、ボール球は「電球色」も用意しており、年3回、適宜取り替えています。
 こうすると、店内の雰囲気ががらりと変わります。
 敏感な方は、雰囲気が変わったことに気付かれます。
 気付かれなくても、これからの時期、お客様の居心地がよくなり、ゆっくりしていただけます。そして、椅子に腰掛けていただければ、健康談義もできようというもの。
 そうすれば、何かまた一つお買い求めいただけるのではないでしょうか。
 照明は、気付く方は少ないですが、大変重要です。
 飲食店では、料理が美味しく見えるよう、暖色系の灯りにする傾向が強いです。「昼白色」と「電球色」の組み合わせです。
 ちゃんとした写真屋さんは、太陽光に限りなく近い特殊な蛍光管を店内に取り付けていらっしゃいます。写真の出来上がりを確認するためです。
 この2つがヒントになり、じゃあうちの薬屋はどうするか、と考えて出てきた結論が、今申したことです。
 皆さんのお店にもお勧めします。
 なお、蛍光器具を全然拭いたことのないお店は、一度吹いてみてください。けっこう汚れていますよ。これによって、反射光がグンと増えます。
 最後に一つご注意。脚立は大きめのものを準備なさってください。転落して大怪我しては元も子もないですからね。小生、脚立の天板に乗ってヒヤッとしたことがあり、一回り大きい脚立を買ってきました。
(2013.3.8追記)
 皆さんにお勧めしておきながら、当店では本日蛍光管をLEDに変えてしまい、「昼白色」で年間通すことになってしまいました。その経緯は別立てブログ 40W蛍光灯をLEDに取り替える で記事にしました。
 まだまだLED蛍光管は高く、特に「昼光色」は非常に高額ですから、両方を用意するのはとても無理です。ボール球でどれだけか変化を付けるしかありません。

当店の店員「銀杏の盆栽」

 当店の店外には、その昔は雑貨の棚を置いたり、リポビタンDのケースを積んでいたのですが、ドラッグストアの進出などにより、そうしたものは売れなくなり、十数年前から、店外には花のプランターを飾るようになりました。
 そして、リポビタンD置き場には、銀杏の木の盆栽を置くことにしました。
 親父が盆栽好きで、銀杏も作っていて、これが自宅の庭の目に付きにくい場所に置いてあったものですから、店の入り口に置くことにした次第です。
 初夏、青葉が綺麗に出揃ってから店に持ってきます。盆栽の置き場は、夕方まで日が当たらないから、そうするしかないです。そして、定休日には自宅へ持って帰り、日に当てます。ただし、直射日光を1週間に1日しか受けていないですから、真夏は強烈な日射で葉が焼けてしまいますので、午後は日陰になる場所に置くことにしています。

 店内に入れば、推奨品の銀杏葉α(アルファ)が飾ってあります。よって、入り口の盆栽は、そのPRのために、店員の役目を果たしてくれています。
 11月下旬になれば、通常、銀杏は真っ黄色の葉を付けてくれるのですが、店のシャッターの内側に置いてありますから、朝の冷え込みに晒されず、黄緑色にしかなってくれません。その葉もここのところの冷え込みで、順次落とすようになりました。
 よって、先日、「店員さん、半年以上も有り難う」とお礼を言い、自宅の盆栽置き場へ戻したところです。
 銀杏の盆栽君の働きもあって、銀杏葉αの認知度も上がり、売上も好調です。

(2013.12.5撮影)数日前から紅葉し出し、ちょうど綺麗に色付いた状態。
銀杏の盆栽

(2014.11.20追記)
 昨年は12月初めのセール(7日まで)もってくれた銀杏の紅葉だが、今年はここのところの冷え込みで急激に黄色くなってきて、とても12月初めまでもってくれそうにない。2、3日すれば葉が落ちてしまいそうだ。残念。

キャッチフレーズ:血液を流し切る!銀杏葉

 当店の推奨品「銀杏葉α(アルファ)」をお客様にお勧めするに当って、難しい言葉を使ってもなかなか分かってもらえません。
 「末梢血流を改善」では、「末梢」とはなあに?となってしまう恐れがあります。
 そこで、「末端の血液の流れをグーンとよくします」とお話しています。
 そして、「毛細血管を若返らせてくれるんですよ。少しずつですが、毎日銀杏葉を飲んでいると、だんだん毛細血管が若返ってきて、2、3ヶ月すると、血流がよくなるんです。」と、継続することに意味があるという、お誘いをしています。
 「毛細血管」という言葉も少々難しいですから、「毛細血管、末端の血管、……」と言いながら、手の指を撫でて分かってもらうようにもしています。

 そして、前回の勉強会のときに、同業のある方から、一瞬で“これはいい”と感じた次のキャッチフレーズを使い始めたと話され、早速うちでも真似をすることにしました。
   血液を流し切る! 
 とても分かりやくて、銀杏葉にぴったりです。
 皆さんもお使いになっては。
 ちなみに当店では次のチラシを作りました。なお、銀杏葉とミネラル剤の併用をおすすめするものです。
銀杏葉チラシ

家族みんなで飲んでも損しない銀杏葉α

 俺は、私は、まだまだ若いと思っていても、厄年を過ぎればどこか1つは自覚症状が出てくるでしょう。
 還暦ともなると、3つ4つは若い頃と違うなあ、と感ずるようになります。
 これは、中高年になれば、誰でも血流が悪くなるからです。
 何も手を打たないと、それからは早いです。5歳きざみで体の調子の悪い所が1つ2つ上乗せして生じてきます。
 要介護者となってからでは、もう元通りの体に戻すのは至難の技。
 その前に、完全自立でボケない健康な心身をキープする手立てをしておかねばなりませんよね。
 さあ、薬屋の皆さん、どうしますか。
 うちでは、第1に「家族みんなで飲んでも損しない銀杏葉α」です。
 それを紹介したのが次のミニチラシ(B6)
 薬屋の皆さんもぜひ実行なさってください。
家族皆で飲んでる銀杏葉

銀杏葉=飲む24時間マッサージ機

 先日、とある製薬会社の主力小売店で構成する定期会合があった。その会合の趣旨は販促企画であり、今年度の販促企画商品「銀杏葉α」の売上目標の達成施策が話題となった。
 そこで、委員長が、この場で販促チラシを作ってしまおうと各委員に声を掛け、早速各自がたたき台を作り、それを皆が発表し、いい所を切り貼りして、チラシ作りに長けた委員長が30分強で作り上げてくれた。
 小生もチラシ作りでは自信があるが、委員長には負ける。小生より格段にうまいし早い。
 その中で、小生の提案で皆が賛同してくれたのが、その商品のキャッチコピーだ。
 何となくフッと頭に浮かんだ言葉が次のものだ。
  飲む24時間マッサージ機
 「肩こり」「しびれ」「頭重」といった症状に対して、実にいいキャッチコピーだ、と自画自賛。それが採択されて、いたくご満悦。
 このチラシは近日中に各小売店に渡されるから、2月3月で売上がアップし、前年対比20%強の目標達成が可能となるだろう、と考えるのは甘いか。
 ところで、そのチラシはどんなものか、このページに貼り付けたいのだが、委員会に著作権があり、残念ながら紹介できない。
 でも、キャッチコピーは、薬屋の皆さん、大いに使っていただきたい。
 「肩こり」「しびれ」「頭重」などのポップと一緒に掲示されれば、きっとお客様が「なあに、これ?」と、たいそう注目されることでしょう。
 なお、「機」は「器」としたほうがいいかもしれません。
  飲む24時間マッサージ器

薬屋の皆さん!お客様に銀杏葉をお勧めしないと失礼に当たりますぞ!

 「銀杏葉に惚れ惚れ」と題してブログを打っている薬屋の小生です。
 とうとう表題にした言葉まで発して、銀杏葉をPRするまでになりました。
 どうやったら売れるのか、よく分からないというお店は、このブログは「銀杏葉の百科事典」と銘打っていますから、あちこちご覧になってください。
 そして、当店では今までに幾つかのチラシやお便りを作り、このブログで紹介していますから、それを加工してお作りになってください。
 カテゴリー「薬屋さんのコーナー」「ボケ・認知症に」の中に集中して出てきます。
 それ以外には、次のページにあります。
  高血圧の薬を服用なさっている方には「銀杏葉」がおすすめ

三宅薬品 銀杏葉だより No.7

 1か月前に、「健康は赤血球で決まる」と題して、記事にしました。
 野口英世の言葉「人間の病気や体内の痛みは、細胞が酸素欠乏で死んでしまうから起こるものだ!」と、2個以上の赤血球でもって1個の細胞に対処していると言う事実、この2つは、とても重要と思われますので、これをお客様にも知ってもらおうと、次のとおりチラシにしました。参考になれば幸いです。

銀杏葉だより7

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR