血流改善:脱ダム宣言で健康確保

“ 体内 ” 清流を取り戻し「高度文明病」を克服しましょう。
 天然鮎は誠に美味! でも、食通に言わせると、木曽川の鮎は食えたものではないとのこと。清流の石苔をはんだ鮎とダム湖のよどんだ水で育ったものとは大違いなのです。河川の上流にダムがある一方、下流域では川底にヘドロが堆積します。ダムを壊すことは出来ないし、ヘドロ除去もままなりません。環境を取り戻そうと思っても手遅れ状態です。

 体内にも川が流れています。総延長が9万キロメートルの血管です。日本の河川と同様に、血流はよどみ、コレステロールがベットリ沈着しています。日本が豊かになり、川の汚れが進むのと並行して、体内の血流も悪化しました。
 そもそも、人間は、飢餓に近い状態で肉体労働をして、はじめて健康であるように作られています。と言うよりは、そうした生活に適した身体を持ち合わせた者だけが生き長らえてきたわけです。

 現代は困った時代です。「腹一杯美味しい物を食いたい。肉体労働はキツイ。車に電化製品だ。らくちん。力仕事はやーめた。」
 栄養をつけ、体力を温存し、一見、健康この上なしですが、どっこい、血流はよどみっ放し。栄養が多過ぎて魚が住めない、河川の「富栄養化」と同じ状態です。血液が、コレステロールや中性脂肪でドロドロになり、かつ、糖が余ってベトベトの状態になっているからです。これらは皆、細胞の栄養になりますが、多過ぎては引き取り手がないうえに、困ったことが起きます。
 細胞への酸素供給は力仕事をしなくても欠かすことが出来ません。血流がよどんでいると、酸素の供給がスムーズに出来なくなるのです。酸欠です。じっとしていても、疲れた、疲れた、となってしまいます。
 また、生命活動を司る臓器も窒息寸前で、十分にその機能を発揮できません。あらゆる生活習慣病は、こうして発生するといっても過言ではありません。「成人病」が「生活習慣病」と呼び名が変わりましたが、どうせ改名するなら、「高度文明病」と呼ぶようにした方が良いです。環境破壊とあいまって、これで人類滅亡も必至。

 しかし、そこは、人の最大の武器「知恵」で乗り切ることでしょう。「食べて動かなくても生活習慣病から逃れられる」、そんな食養生法をトコトン追及して、皆様の健康のお役に立てるよう、小生は精一杯がんばります。
 でも、皆様は「飢餓からたくましく生き残ってきた人類」の子孫です。多少はひもじさに耐え、どれだけかは運動もなさってくださいね。

(この記事は、2002年11月 三宅薬品 生涯現役新聞の再掲です。)
スポンサーサイト

末梢血流改善 「ゴキブリ体操 はじめッ!」

「さあ、皆さん。いもむしゴロゴロしましょう。」
 ゴロゴロ、ゴロゴロ、………
「次は、ゴキブリ体操です。仰向けになってぇー。両手両足を上に伸ばしましょう。両手は少し離して、指先は真っ直ぐ上に、足の裏は天井に向けましょう。はい、ゴキ・ジェットでシュー!」
 ブルブル、ブルブル、………
ごきぶり体操
(2015.11.5挿入:YouTube動画があります。)
  https://www.youtube.com/watch?v=jwsqP8WhbFI
 (挿入ここまで)
 続けること1、2分。休み休み、この動作を繰り返します。
 園児たちは皆、元気はつらつ、頭脳明晰!
 これを毎日行っている幼稚園や保育園があります。園児たちが「ゴキブリ体操」と命名しました。10年前のことですが、今でもきっとやっていることでしょう。
 この体操は「毛管運動」と呼ばれる西式健康法6則の一つで、年齢を問わず、非常に効果的な運動です。絶対にお勧めの運動です。大人にとっては、かなりキツイですから、連続しては苦しいです。ときどき大の字になって小休止。くたびれるまで手足を「微振動」させてください。
 なお、西式健康法とは、既に戦前に西勝造氏が考案された理に適ったもので、そのお弟子さんをはじめ、今日でもこれを取り入れておられるお医者さんが数多いです。ですから、幼稚園や保育園でも取り入れられたりしているのです。

 今日の飽食と運動不足により、血液は停滞し、うっ血しています。
 「毛管運動」を行うと、静脈管内の血液は、重力の助けを借りて円滑に心臓に帰り、酸素をたっぷり含んだ動脈血となって全身の器官に吸引されていきます。これによって、体中の細胞がイキイキしてくるのです。
 健康な人でも、夜になると足がむくんできますから、就寝前に「毛管運動」をすると、心臓に休息が与えられます。また、内臓全体への血流も良くなり、あらゆる病気の予防に大変効果的です。これは、是非、朝、もう1回行って下さい。
 ただし、関節を痛めておられる方は炎症を悪化させることがありますので、様子を見ながら慎重に行ってください。

 「血液は心臓のポンプ作用で全身に循環する」との学説が、約400年前に英国のハーヴェーによって発表されて以来、いつしかこれが定説になってしまいました。でも、これで説明できない血液循環が幾つもあり、これは疑問です。
 血液循環の大きな原動力は、他にあります。西勝造氏は、流体力学からアプローチし、次のように言っておられます。(なお、今日、別の観点から同様なことを言っておられる方があり、心臓ポンプ説は否定されましょう。)

<動脈流>
 毛細血管は極めて細いので「毛管現象」が起きます。筋肉の弛緩で血管への外圧が弱まったとき、簡単に血液が吸い上げられます。これが第1の原動力です。
<静脈流>
 筋肉が収縮すると血管に外圧がかかり、血液が容易に追い出されることになります。これが第2の原動力です。
<肺呼吸>
 肺が膨らんだり縮んだりすることにより、肺や内臓の血管が圧迫・弛緩され、筋肉と同様なことが起こります。これが第3の原動力です。
 なお、腹式呼吸が健康に良いのは、内臓血管の圧迫・弛緩で血流を助けてくれるからなのです。

 軽いジョギングは、第1から第3までを総動員してくれますから、健康づくりに最適です。そして、「毛管運動」を毎日、朝と夜に実行。これで、鬼に金棒! 血流年齢20歳をキープ!

「毛管運動」応用編(その1)指の切り傷
 指を切ったら、血が飛ばないように軽く包帯をし、負傷した手を頭上高く上げて微振動させます。1分半程度連続して振り、くたびれたら下ろし、また上にあげて振ります。
 こうすることによって、血が止まるのがウーンと早くなります。消毒する必要もありません。また、止血後も根気よく繰り返して行えば、早期に傷が治ります。
 指先の血流をグングンよくしてあげれば、新陳代謝が非常に活発になり、見る見る治癒していくのです。「毛管運動」の素晴らしさがここにもあります。

「毛管運動」応用編(その2)刺抜き(とげぬき)
 指に刺さったトゲが抜けないときは、手首から先を微振動させます。休み休み、根気よく続けていれば、だんだんトゲが出てきます。

老化=エンジンに穴が開いて活性酸素が漏れ出す

 あなたも、体の中にエンジンをいっぱい持っておられますよ。それは、酸素を好むミトコンドリア。
 環境にやさしい未来の車 “ 水素エンジン自動車 ” の開発が進んでいます。水素タンクから水素をエンジンに噴射し、空気中の酸素で燃やし、排気ガスが水蒸気だけという画期的な車です。
 ヒトの体の中にも、これとそっくりな装置があります。ヒトの細胞は60兆個からなっていますが、その一つ一つにたくさんの小さな細胞内小器官であるミトコンドリアが詰まっており、これがそうです。
 ミトコンドリアは、車に例えれば、エンジンと発電機のセットです。
 ヒトが食べ、消化吸収した栄養は、水素をたくさん含んだ化合物です。これを赤血球が運んできた酸素でもって燃焼させ、熱や電気などのエネルギーを作り出すのです。このエネルギーでもって生命が維持され、体も動かせるのです。そのエネルギーの元であるATPを高効率で作り出すのがミトコンドリアです。
 速く走ればエネルギーがたくさん要求され、ミトコンドリアはフルパワーで働きます。酸素もたっぷり必要になって、呼吸が速くなり、脈拍も多くなります。体内で必要とするエネルギーの何と95%がミトコンドリアで生産されているのです。
 1日24時間、1秒も休むことなく働きづめのミトコンドリアですから、3ヶ月もすればガタが来て、作り直さねばなりません。この作り直しを新陳代謝と言います。
 ミトコンドリアの中に遺伝子が組み込まれており、これが設計図になります。これを元に細胞内に備蓄されているアミノ酸からタンパク質を合成したり、かき集めたりして、新品のエンジンと発電機を作り直し、エネルギー生産が滞らないようにしているのです。
 ここで、一つ問題が生じます。環境にやさしいエネルギー生産ですが、燃焼させるときに、それ自体は無害である酸素を活性化させねばなりません。活性酸素と呼ばれるもので、これは有害です。
 ミトコンドリアが運転を長年続けていると、少しずつ漏れ出す活性酸素によって、遺伝子に傷が付いたりします。そうなると、設計図の一部分が誤ったものに書き直されてしまい、エンジンに小さな穴が開いたような欠陥品を作ってしまい、エネルギー生産が低下します。
 中高年ともなれば、若い頃のようにタッタッタと走れなくなるのは、何も筋肉が硬くなったからだけではなく、ここに原因があります。
 加えて、エンジンから活性酸素が大量に吐き出されるようになり、その活性酸素が細胞の外へ出て、血管を傷つけて動脈硬化を起こしたり、毛細血管を詰まらせたりするようになります。
 こうして、血流がだんだん悪くなります。これが、老化現象の最大の原因だと言われるようになりました。酸素を欲しがるミトコンドリアによって、動物は、活発に活動できるのに引き換え、寿命を大幅に縮めているとも言えましょう。この点、樹齢千年が珍しくない植物との大きな違いです。
 不老長寿の妙薬はありませんが、活性酸素を無害な単なる酸素に素早く戻すことができれば、老化を遅らせることができます。
 ビタミンやアルカロイドなど抗酸化物質を多く含む緑黄色野菜をたっぷり取るのが第1です。そして、第2にサプリメントでの補給です。銀杏葉エキスに活性酸素を消去する優れた効果がありますし、ミネラル剤もそうです。
 ミトコンドリアというエンジンが新品状態の若い人は、こうしたことを心配しなくて良いかと言えば、そうでもありません。
 ミトコンドリアは、体温が1度C下がると、エネルギーの生産能力が1桁下まで落ちてしまうとも言われています。低体温、冷え症の方は、何ら欠陥のないミトコンドリアであっても、出力はお年寄り並みしかなく、体中で様々な障害を引き起こす元になります。そうでない方にあっても、冬場は体温が下がってきます。
 適度な運動を、毎日、小分けして実行したり、浅めの風呂に十分に浸かるなど、体温をいつも高く保ってあげることが不可欠になります。
 それには、人参製剤などの漢方薬が強力な助っ人になります。
 寒さが厳しくなる、これからの季節。ミトコンドリアが喜んでくれるような気配りを十二分になさってください。

“金魚体操”で内臓と背骨も運動させ、血流改善

 先に「毛管運動」を紹介しましたが、西勝造氏が編み出された「西式健康法」の中に、もう一つ良い体操があります。
 それは、「金魚運動(金魚体操)」と呼ばれるもので、内蔵を揺り動かし、背骨をくねらせる体操です。
 これも、寝転んで仰向けになって行うものですが、やり方が異なります。
金魚体操

 詳細は、小生の別立てブログ「薬親のおやじのボヤキ」で、説明していますので、下記をクリックして、ご覧ください。
 クリック→薬屋のおやじのボヤキ 開いたら、左サイドバーのカテゴリー「健康体操」をクリックなさってください。その中に「“金魚体操”で内臓と背骨にも運動を」という記事があります。なお、この体操以外のものも、当然に血流改善になりますから、やりやすいものから取り組んでください。

もっと体に酸素を!

 新緑の季節が到来。野山の草木には、命があふれかえっています。人間もイキイキ元気! でも「春眠暁を覚えず」で、寝起きが悪くって重だるかったり、体がいうことをきかない…
 どうして?
 人間も春になると新陳代謝を盛んにしようとします。体の細胞を若々しく生まれ変わらせたいのですが、それが順調に進まないからです。
 この新陳代謝は生きている証拠でもあります。
 生命とは、体内で1日に何千億個もの細胞が新陳代謝し続けることによって、とぎれることなくエネルギーが渦巻いている現象です。
 さて、エネルギーの渦を作り出す原動力は何でしょう。
 先ずは食べ物です。栄養を取らないとエネルギーの渦は発生しません。でも、数十日絶食しても生きていけます。
 それに対して、水は数日補給しないと死んでしまいます。また、水は1日に2リットル(2Kg)必要なのに対して、食べ物は200gで足りるでしょう。
 食べ物より水の方が10倍も必要性が高いのです。
 ところが、水よりももっと必要なものがあります。それは酸素です。酸素は1秒たりとも欠かせません。首を絞められたら数分で窒息死。エネルギーの渦を作り出すためには、酸素は水より100倍以上も必要度が高いのです。

 酸素が体の隅々まで完全に供給されればよいのですが、高度文明社会に暮らす日本人の大半は、血液循環が悪くなっていて、恒常的な酸素欠乏により、新陳代謝が遅れがちです。だから年齢以上に細胞が老いています。
 血液を全身に巡らせてくれるのは心臓ではありません。心臓は単なるミニポンプで、補助の補助。
 呼吸がメインポンプの役割をします。たっぷりと血液を含んだ肺の組織に圧力が掛かったり弱まったりして、血液が押し出されたり吸い込まれたりすることで、血液循環が起きるのです。
 なお、腹式呼吸がベストです。横隔膜の上げ下げで、同時に内臓の血液も押し出されたり吸い込まれたりするからです。
 寝ているときは、これで十分ですが、起きているときは、脳で酸素をたくさん消費するので、これだけでは不十分になります。
 ここで、サブポンプの筋肉の出番となります。手足の曲げ伸ばしで筋肉中の血液が押し出されたり吸い込まれたりして、血液循環を助けるのです。
 「うちの子は落ち着きがない、ちっともじっとしてしていられない。」と、お嘆きのお母さん。子供さんを叱らないでくださいね。子供は新陳代謝が激しいですから、酸素をたくさん欲しがっているのです。じっとしていては酸素不足になるから、絶えず筋肉を動かして血液循環を助けているのですからね。
 大人は年を重ねるに従って新陳代謝が遅くなりますから、1時間じっと座っていても酸素不足を感じないだけなのです。
 でも、「春眠暁を覚えず」になっちゃいます。これは、体のどこかで血液の流れがよどんで、恒常的に酸素不足になっているからです。
 血圧が高い方もそうです。酸素不足を解消しようとして、ミニポンプの心臓が無理しているから血圧が上がるのです。

 日に日に暖かくなります。屋外に出て、つとめて体を動かしましょう。
 それが無理なら「膝屈伸」を。1メートル四方のスペースがあれば、どこででもできますからね。女優の森光子さんが長年続けておられた健康法です。そして、血流改善に効果的な深呼吸「鼻呼吸体操」をなさってください。

(この記事は、当店「生涯現役新聞」2009年4月号を再掲したものです。)

チンパンジーの倍の寿命のヒト、その理由は活性酸素濃度?

 チンパンジーはヒトに最も近い種ですが、その最大寿命は50年程度です。大型類人猿のゴリラやオランウータンも同様です。それに比べ、ヒトは倍の100年程度は生きられます。なぜに「ヒトはチンパンジーの倍も長生きできるのか」については、いまだ謎になっていますが、それをうまく説明できる仮説を発見しました。
 一言で言えば「寿命は体内で発生する活性酸素濃度に左右される」ということ。

 活性酸素が過剰に発生すると、細胞は傷付き、これの繰り返しによって、いくら細胞が新陳代謝しても、だんだん細胞は老化していき、やがて体中の細胞が順次細胞死していき、生命活動が維持できなくなって寿命を向かえる、ということは一般論として言えるでしょう。
 過剰な活性酸素を消去する主力は、体内で合成される抗酸化酵素であって、その中でもスーパー・オキシド(O2-)に対向するSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)が最強です。
 そのSODの体内濃度と寿命の関係に興味深い相関があるのです。
 小生がこれを知ったのは、武田薬報2012年466号ですが、吉川敏一氏が、1997年に「フリーラジカル医学」の中で「…霊長類肝組織中のSOD活性と最大潜在寿命」をグラフ化され、これが綺麗な相関関係にあることを報告されています。
 ここでは、SODの「活性」を指標にされていますが、「濃度」と捉えても良いでしょう。

 次に、SODは活性酸素を消去することによって消耗します。活性酸素が多く発生すればするほどその消耗度合いは激しくなります。
 さて、恒常的に活性酸素を発生させ続ける原因は、細胞内小器官ミトコンドリアによるエネルギー産生です。このエネルギー産生が高まれば、体温も高くなります。
 よって、体温が高い動物ほど、ミトコンドリアのエネルギー産生が高く、活性酸素も多く発生することになるのです。それに十分対応できるSODが体内で作られれば良いでしょうが、どうやら不十分なようであることを吉川氏の論文は示しています。
 ちなみに、ヒトの体温は36.5度であるのに対して、チンパンジーの体温は37.5度と1度の違いがあります。この1度の違いで、寿命が倍半分になると考えて良いのではないでしょうか。類人猿以外のサルとなると、体温は38度とか38.5度となり、より寿命は短いです。
 
 こうした2点から「体温が高くなることによって、活性酸素量が増え、それを消去するSODなどの抗酸化酵素が十分にはおっ付かなくなることにより、細胞の老化が進み、寿命を短くする」と、言えるのではないでしょうか。ちなみに、ゾウやクジラは体温がヒトと同じ程度であり、ヒト並みに長生きできます。

 ところで、ヒトはチンパンジーの倍も長生きできて嬉しいと喜んでばかりいられません。50歳にしてピンピンコロリと逝けるチンパンジーに対して、ヒトは長命であるがゆえに、じわじわと生活習慣病に冒され、寝たきりになり、おまけにやがてボケになり、実に厄介な存在になってしまうのですからね。
 ここは、抗酸化酵素をより体内生産できるように各種ミネラル剤を補給するとともに、体外から抗酸化物質(その横綱は銀杏葉エキス、そしてアスタキサンチンなど)を毎日補給して、これでもって細胞の老化を食い止め、寿命の限度である概ね100歳まで自立した生活ができるようにせねばなりません。
 抗酸化対策については、銀杏葉αに含まれる活性酸素を消去する成分で詳述していますから、そちらもご覧になってください。
 なお、体温が低いと免疫力も落ちることが分かっていて、そのあたりのことは、小生の別立てブログの中の人が病気しやすいのは、そもそも低体温だからで解説していますので、よろしかったら併せてそちらもご覧ください。
 もう一つ付け加えるならば、なぜにヒトの体温はこうも低いのかという疑問がでてきますが、それはゾウやクジラと同様にヒトは水生環境で進化した動物であるとする人類水生進化説(小生のもう一つの別立てブログ)で、説明できると思っています。

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR