ウコンといえばクルクミン、脳力アップ!これがウコンの本当の力

 クルクミンといえばウコンの薬効成分です。肝臓の機能を高めてくれ、飲み会の前に飲んでいく。たしかにどれだけか効きます。私も昔は一杯あるときはウコンを飲んで出かけました。でも、それに勝るもの、それは田七人参(三七人参)ですが、これを最近知り、こちらのほうが断然効果が高いですから、今は飲んでいません。
 そのクルクミンが最近、別の効能で注目されてきました。つい先日それを知って、銀杏葉エキスと一緒に毎日飲まなくっちゃ、と思うようになった高齢者の小生です。
 アルツハイマー病にいい、そして、記憶力がアップする、学習能力が向上するなどなど「脳力」アップに効果的というクルクミンだそうです。
 ネット検索を掛けて、それに関係する記述を拾い出しましたので、その抜粋を紹介しましょう。

(2012年9月8日放送の日本テレビ・世界一受けたい授業)
 順天堂大学 大学院教授 白澤卓二 先生の弁
 食べるだけで脳を活性化するブレインフーズ、それはカレー粉。
 脳には老人斑というものがあり、これが増えるとアルツハイマー病になってしまう。これを溜めないことがボケ予防になる。ウコンの薬効成分クルクミンをエサの中に加えたネズミは、脳に老人斑が出ず、認知症を発症していない。対照群の普通のエサを与えたネズミは老人斑ができ、認知症を発症した。これにより、クルクミンには認知症の予防効果があるということが証明された。また、クルクミンは脳の神経細胞の保護作用もある。

(ある研究)
 クルクミンにはアルツハイマー病の原因物質である「アミロイドβタンパク」の脳への蓄積を予防したり、減らす効果があり、アルツハイマー病予防に効果的であろう。

(ニューヨーク市立大学の心理学者らの調査研究チーム)
 クルクミンが「悪い思い出を消す効果がある」らしいということが判明。ラットをつかった実験で、クルクミンを含んだエサを食べていたラットの方が、嫌な記憶をすぐに忘れてしまった。このことから、恐怖の記憶により心理的な障害に苦しんでいる人々に対する治療に役立つのではなかろうか。この効果を応用することで、うつ病、不安、心的外傷後ストレス障害の治療にも役立つかもしれない。
(ある解説)
 クルクミンにより記憶力はアップするのに、嫌な記憶は忘れる効果がある。相反するような事象をどう説明するか。導き出されるのは「クルクミンは脳の機能を向上させる効果がある」ということだろう。嫌な記憶は脳にとってストレスになり、パフォーマンスが低下する。だからこそ、良い思い出は忘れないのに、嫌な思い出だけは忘れるのではないだろうか。つまり、クルクミンは総合的に脳機能をパワーアップさせることが出来るのであろう。

(武蔵野大と米ソーク研究所との共同研究)
 クルクミンが記憶力を高める効果があることが動物実験でわかった。
(ある解説)
 BDNF(脳由来神経栄養因子)は、脳内で分泌されるタンパク質で、神経細胞の成長やニューロンの生成には欠かせない物質です。 BDNFの分泌を増やすことが、記憶や学習の能力アップにつながります。クルクミンはそのBDNFの分泌を促進します。ラットの実験では、毎日多量のクルクミンを10日間与えたところ、BDNFが30%増加した。
 クルクミンは、抗酸化作用の高いポリフェノールで、炎症を抑える作用も持っていて、脳血液関門を通過して脳に達します。そのため、脳神経細胞を活性酸素から守って脳の老化を防ぐ働きもします。
 アルツハイマーの原因としては、脳内にアミロイドβ(ベータ)というタンパク質が溜まることだという説が最有力となっています。アミロイドβは脳の活動でできたカスのようなものです。クルクミンがアミロイドβを除去する顕著な効果があることが2006年に発表されました。

(ある研究)
 カレーを食べるとIQが上昇し、テストの正答率が上がった。

(ある研究)
 カレーをよく多く食べるインド人は、アメリカ人よりアルツハイマー病が少ない。
(↑これは単なる相関関係であって、因果関係があると直ちに捉えるべきではないです。なぜならば、両国で高齢者比率に違いがあり、また、生活習慣がまるで異なりますから、クルクミンだけが原因していると考えることはできません。)

 以上、ざっとですが、こうしたことが言われています。
 どうやら、これらは本当のことらしく、臨床実験が幾つかの有名大学でも行われつつあるようですから、よりはっきりしてくることでしょう。ただし、クルクミンは食品の扱いになりますから、日本では決して医薬品の認可は得られません。健康補助食品の扱いとなり、せいぜい最近制度化された機能性表示食品としてしか認められません。
 今後、健康食品業界から、ウコンなりクルクミンが数多く発売されるようになろうかと思われます。

 ただし、クルクミンには大きな難点があります。「水に溶けない、光線や弱アルカリで分解されやすい、吸収されにくい」というものです。例えば、純度95%のクルクミンを8グラム摂取しても、血液中からクルクミンが検出できなかったという報告もあるくらいですから。
 よって、医薬品・食品製造会社や大学研究機関では、吸収効率のいいクルクミンの開発に取り組んでいます。
 そうしたなかで、小生の知るところでは、現在、信用がおけそうな2社で、かなり吸収効率のいい製品を開発しています。
 一つは「ロングヴィーダ」です。これは、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)が10年の歳月をかけて開発されたもので、日本では株式会社オムニカから発売されています。同社の説明によると、クルクミンをフリークルクミンとして吸収させるためのDDS(=Drug Delivery System,?<体内の薬物分布を量的・空間的・時間的に制御し、コントロールする薬物伝達システム。薬物輸送(送達)システム>)開発を始め、約10年の研究の末、SLCP(Solid-Lipid Curcumin Particle=固体脂質クルクミン細粒化?)テクノロジーの開発に成功したとのこと。SLCPテクノロジーによって製造されたロングヴィーダは、クルクミンを胃の過酷な環境から守り、吸収部位である小腸内で溶解し、フリークルクミンのまま小腸上皮細胞へ吸収されるようです。そして、小腸上皮細胞内でカイロミクロンに取り込まれ、リンパ管へと運ばれ、フリークルクミンのまま、肝臓や脳へと運ばれるとのことです。なお、クルクミンの血中濃度は、通常のクルクミンに比べて最大500倍になると謳われていますが、これは少々誇張した表現に思われます。
 もう一つは「セラクルミン」です。これは、日本のベンチャー企業、株式会社セラバリューズが、独自の技術により画期的なクルクミン製剤の開発、製品化に成功したとのことです。セラクルミンは、クルクミンの粒子を非常に細かくし安定化させることにより、クルクミンを効率よく吸収させようというものです。ここで、安定化とは、細粒をコーティングしサスペンジョン(懸濁液)化することのようです。なお、クルクミンの血中濃度は、通常のクルクミンに比べて約27倍になることが確認されたとのことです。
 セラクルミンについては、株式会社セラバリューズのオンラインショップで購入できますし、大塚グループのアース・バイオケミカル株式会社から発売されている「UKOL27ウコンゼリー」はセラクルミンを用いているようです。
 このセラクルミンを銀杏葉エキス他とともに配合した新製品を、とある製薬会社が間もなく発売するようです。これに注目したいです。(全薬工業:爽心明:7月末発売)
 はたしてこの新製品は効くのかどうか。今月初めから銀杏葉α(アルファ)とともにセラクルミン(+カルニチン)を飲み始めた小生です。1、2か月毎日飲んでみて、効いたかどうか、ご報告しましょう。お楽しみに。
(9月28日追記)
 「2日前の日記」として、毎日、2日前の夕食の献立を思い起こしています。これを1年以上続けているのですが、脳の記憶回路が錆び付いているのか、思い起こそうとしても何かでブロックされているような感じがして、記憶の呼び出しがとんとできませんでした。ちなみに小生おん年68歳で、銀杏葉α(アルファ)は何年も飲み続けています。
 それが、銀杏葉α(アルファ)+セラクルミン+カルニチンを朝晩飲むようになったら、2か月経った頃には、何かで脳がブロックされているような感じが緩み、記憶回路がどれだけか回り始めた感がしてきました。
 その後、1か月になりますが、「爽心明(そうしんめい)」に切り替え、朝晩飲むようにしています。記憶回路の回り方は、残念ながら今までどおりで、加速はされませんが、何かで脳がブロックされているような感じは抜け、「脳力」アップを実感しています。
 
 
スポンサーサイト

アミノ酸誘導体「カルニチン」に意外な効能あり、それは「脳力」アップ

 カルニチンの分子式は C7H15NO3で比較的単純な構造になっています。アミノ酸から生合成される誘導体で、その働きはビタミン様物質です。立体異性体が幾種類かあり、胃薬として使用されるDL-カルニチン、特殊医薬品レボカルニチン以外に有用なものはL-カルニチンだけです。(以下、L-カルニチンを単にカルニチンと言うことにします。)
 脂肪酸を燃焼してエネルギーを産生するに当り、カルニチンは脂肪酸を燃焼の場であるミトコンドリア内部に運搬する必須の役割を担っていますから、カルニチンが充足していれば脂肪の燃焼をサポートしダイエット効果が期待できるというものです。
 体内に約20グラム存在し、そのほとんどが筋肉にあって、生合成量は1日に10~20mgとされています。1日に必要なカルニチンは肝臓及び腎臓でアミノ酸のリジンとメチオニンにより合成できるので、食物やサプリメントから摂取する必要はないとも言われています。なお、安定したカルニチンの血中濃度を維持するために、必要に応じて過剰なカルニチンは腎臓から尿中に排出されるようです。
 参考までに、食べ物では赤身肉(特に羊)に多く含有し、小腸において吸収されますが、吸収率は5割前後のようです。
 ちなみに、100グラム当たりのカルニチン含有量は、羊肉80~200mg、牛肉60~120mg、豚肉20~35mg程度のようで、平均的な日本人の1日の摂取量は75mg程度といわれています。

 さて、脂肪燃焼を謳い文句にしてダイエットで有名になっているカルニチンですが、最近、意外な働きがあることが分かってきました。
 それは「脳力」アップです。
 一般的には高齢者は体内のカルニチン保有量が少なくなっていくのに対し、100歳超の元気な超高齢者においては血中のカルニチン濃度が高い例(肉を好んで食べる人)が知られていて、カルニチンが高齢者の脂質エネルギー代謝のみならず、脳における神経伝達物質の機能改善に寄与しているのではないかと考えられています。
 ここから先は、実践女子大学 生活科学部教授 田島眞 先生の2010年3月のお話を中心に、それ以外の研究報告を含めて要約して紹介しましょう。

 もともと痴呆症にいい成分として注目されていたのですが、近年、カルニチンが脳の働きに重要な成分であることがわかり、盛んに研究されるようになりました。
 カルニチンは、もともと体の中で合成されるものなので、基本的にはそんなに不足するものではないのです。ただし、この合成する力は加齢とともに落ちていきます。ですから、50歳を過ぎたら、食事や栄養補助食品で積極的に摂ったほうが良いということになります。
 カルニチンは、体の中でアセチルカルニチンに変わります。このアセチルカルニチンは脳に多く含まれています。脳のアセチルカルニチンが不足すると、脳の細胞は壊れやすくなります。人間の脳細胞は、生まれてから日々減っていく一方で、お年寄りの脳細胞は、生まれたときの半分ともいわれています。アセチルカルニチンが不足すると、このスピードが早まり、それで、痴呆症になりやすくなるのです。
 迷路学習テストを使用して記憶力・学習能力を判定する方法があります。この結果、カルニチンンを投与したラットは明らかに記憶・学習能力が向上していたのです。
 米国ではカルニチンのアルツハイマー病に対する研究が数十年前から行われています。結果としては、アセチルカルニチンがアルツハイマー病の進行を遅らせることが、二重盲検プラセボ対照試験で判明しています。
 なお、二重盲検プラセボ対照試験のメタアナリシス(独立して行われた複数の臨床研究のデータを収集・ 統合し、統計的方法を用いて解析した系統的総説)によると、アセチルカルチニンの大量補給(1日当たり1500~3000mgのアセチルカルチニンを3~12か月間にわたって摂取)により、軽度認知機能障害とアルツハイマー病を有する高齢者の症状の悪化を抑え、精神機能を改善する可能性があることが示唆されました。
 カルニチンは、高齢者の気分変調や抑うつ症状を軽減する効果や、認知能や記憶を改善する効果も報告されています。
 アセチルカルニチンは、ダメージを受けた神経細胞の修復・再生を促進する効果が報告されています。
 カルニチンは、アルツハイマー病及び認知症の原因物質とされるアミロイドβを破壊したり、 神経伝達物質のアセチルコリンの低下を防止し、増やす働きもあります。
 カルニチンの十分な摂取により、次の効果が期待されます。
 ・軽度の認知機能障害を抑える
 ・不安状態を抑えてリラックスさせる

 以上、ざっとですが、こうしたことが言われています。
 別途紹介しましたウコンの主成分であるクルクミン、そして今回紹介しましたカルニチン、ともに中高年の「脳力」アップに頼もしい助っ人になりそうです。
 ところで、忘れてならないのが「脳力」アップで一番手に上げられるのは「銀杏葉エキス」です。そこで、「銀杏葉α(アルファ)」+「高吸収クルクミン」+「カルニチン」となれば、効果のほどは計り知れないものがあるのではないでしょうか。
 そうしたことから、小生は7月初めから、この3点セットを飲み始めたところです。して、その結果はというと………。
(9月28日追記)
 「2日前の日記」として、毎日、2日前の夕食の献立を思い起こしています。これを1年以上続けているのですが、脳の記憶回路が錆び付いているのか、思い起こそうとしても何かでブロックされているような感じがして、記憶の呼び出しがとんとできませんでした。ちなみに小生おん年68歳で、銀杏葉α(アルファ)は何年も飲み続けています。
 それが、銀杏葉α(アルファ)+セラクルミン+カルニチンを朝晩飲むようになったら、2か月経った頃には、何かで脳がブロックされているような感じが緩み、記憶回路がどれだけか回り始めた感がしてきました。
 その後、1か月になりますが、「爽心明(そうしんめい)」に切り替え、朝晩飲むようにしています。記憶回路の回り方は、残念ながら今までどおりで、加速はされませんが、何かで脳がブロックされているような感じは抜け、「脳力」アップを実感しています。

全薬工業から新発売の「爽心明」(そうしんめい)に期待

 全薬工業から発売されている「銀杏葉α」には銀杏葉エキスの他に毛細血管を保護する役割を果たす「ヒハツ」「アスタキサンチン」が配合され、その他に脳の海馬の働きをよくする「クチナシ」も配合されていました。
 全薬工業から今回新発売された「爽心明」には、「クチナシ」は外されたのですが、それに代わって「クルクミン」と「カルニチン」が濃厚に配合されました。
 「クルクミン」は肝臓を活性化させるほか「脳力」アップになりますし、「カルニチン」は代謝を促進するほか、これまた「脳力」アップになります。
 今までどおり血流をよくする外に、心と体をともにイキイキ元気にしてくれそうな、すぐれもの、といった感じがします。
 “銀杏葉αでは物足りない”と感じておられるお客様に、まずはおすすめしたい、と思ってチラシを作ったところです。

銀杏葉だより9
 
 

肉食って健康長寿

 健康な人は、60歳から魚を、70歳からは肉を、少々体が求めます。それは老化した体がカルニチンを欲しがっているからかもしれません。
 カルニチンは脂肪燃焼で有名ですが、これはエネルギー代謝に不可欠だからです。それよりも、「脳力」アップにカルニチンの働きがありますから、これが体が求める理由かもしれませんね。
 そうしたことについて、当店毎月発行の「生涯現役新聞」で取り上げたところです。1か月遅れで恐縮ですがご紹介します。

新聞259

朝の目覚めが良くなり、気分を晴れやかにしてくれる爽心明

 爽心明(銀杏葉、クルクミン、カルニチン、ヒハツ、アスタキサンチン配合)が発売されて数か月が経ちました。同業者と情報交換するなかで、飲んで1週間もすれば「朝の目覚めが良くなり、気分を晴れやかにしてくれる」という、うれしい結果が数多く出ていることが判明しました。
 それを「爽心明だよりNo.1」としてDM作成し、お客様にお知らせしたところです。
 なお、当店のお客様にあっても、少々うつっぽい方にお勧めしたところ、わりと効果があったようで、2箱目を買いにみえました。

爽心明だより1

力がみなぎり、やる気を起こしてくれる爽心明

 爽心明(銀杏葉、クルクミン、カルニチン、ヒハツ、アスタキサンチン配合)が発売されて数か月が経ちました。同業者と情報交換するなかで、飲んで1週間もすれば「朝の目覚めが良くなり、気分を晴れやかにしてくれる」という、うれしい結果が数多く出ていることが判明しました。それを「爽心明だよりNo.1」としてDM作成し、お客様にお知らせしたところです。
 その後、爽心明をお飲みになった当店のお客様から“力がみなぎり、やる気が起きてきた”とのご報告がありましたので、「爽心明だよりNo.2」としてDM作成し、お客様にお知らせしたところです。
 少々うつっぽい方に一番効果的なお勧め品と感じています。

爽心明だより2

“体のだるさが抜ける”爽心明

 爽心明(銀杏葉、クルクミン、カルニチン、ヒハツ、アスタキサンチン配合)が発売されて半年が経ちました。同業者と情報交換するなかで、いろいろと多方面に効果が出ています。
 今回は、“体のだるさが抜ける”ことについて「爽心明だよりNo.3」のDMを作成し、お客様にお知らせしたところです。
 なお、小生が飲んでみてどういう効果があったのかを付記しました。
 本格的な春を迎え、肝臓の助けとなる滋養強壮剤が必要となります。それにうってつけなのが爽心明でしょう。
 そして、3月4月は精神が不安定になりますから、少々うつっぽい方に大変効果的なお勧め品と感じています。

爽心明だより3(21)

五月病におすすめの“爽心明”プラスアルファ

 爽心明(銀杏葉、クルクミン、カルニチン、ヒハツ、アスタキサンチン配合)が発売されて半年以上経ちました。
 同業者同士の情報交換から、メーカー全薬工業が予想していた以上に精神疾患に効くことが分かってきました。
 朝の目覚めが良くなる
 やる気が出てくる
 気分を晴れやかにしてくれる
 体のだるさが抜ける

 といった効果がわりと即効的に現れてくるようです。
 五月病で少々うつっぽい
 という方にぴったりで、当店のお客様で3月にそうした方にお勧めしたところ、けっこう効果があり喜ばれました。
 こうした効果は、「銀杏葉、クルクミン、カルニチン」3種の組み合わせによる相乗効果によるものと思われます。その相乗効果で“体イキイキ”&“心さわやか”となるのでしょう。
 新卒者や異動があって4月に緊張しすぎて心身ともにぐったり、という方は五月病の予防のためにお飲みになることをお勧めします。
 なお、重症の方は、次の漢方薬を併せてお飲みになるといいです。こちらは即効性がありますから、毎日飲む必要はなく、精神が不安定になったときにお飲みになればいいです。救心製薬の「救心感應丸 氣」と「能活精」がお勧めです。

精神不安定チラシ



脳のゴミ「アミロイドβ」を掃除しましょう

 アルツハイマー型認知症患者は脳内に脳のゴミと言える「アミロイドβ」が溜まってきています。これを取り除くのは容易ではないようですが、予防することはけっこうできそうです。
 その頼もしい助っ人となるのが、銀杏葉エキス、高吸収クルクミン、カルニチンの3種組み合わせでしょう。お勧めします。

爽心明だより4

秋はカレーライスが一番

 カレーの黄色はウコンの色です。そのウコンの薬効成分の第一はクルクミンです。
 クルクミンは、肝機能をアップさせ、“飲む前に飲む”とアルコール分解酵素を助け、悪酔いしなくなります。でも、天然のクルクミンは極めて吸収効率が悪く、どれだけも効果を発揮しません。しかし、高吸収できる加工技術が開発されました。
 加えて、クルクミンは、肝機能アップだけではなく、「心の疲労改善」つまり落ち込んだ気分を晴れやかにしたり、「脳力アップ」つまりボケ防止にかなりの効果が期待されることが近年明らかになってきました。
 そうしたことについて、当店毎月発行の「生涯現役新聞」で1年ほど前に取り上げたところです。ここに再掲します。

新聞260

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR