こんな方に銀杏葉:糖尿病

 糖尿病とは、血糖値が高い状態が続いていることを言います。何ら自覚症状が出ていない段階から、既に病気と呼ばれます。膵臓からインスリンがあまり出なくなった段階で、病気とされるのです。
 これを放置しておくと、やがて、腎機能が失われて人工透析、視神経がやられて失明、手足への血行がなくなり壊疽となって切断といった恐ろしいことになるのは、皆さん、ご存知のことでしょう。
 こうした症状が出るのを合併症というのですが、糖尿病=高血糖を放置しておくと、何とも手当てのしようがなくなります。
 糖尿病は、生活習慣病の最たるものでして、生活習慣を改めるのが最大の治療法となります。小食で体を動かすしかありません。
 でも、皆、食い意地が張っていてグルメを満喫したい、文明の利器に頼ってしまい体を動かしたがらない。
 よって、真剣に取り組もうとすると、かなりの苦痛を伴います。
 そこで、お医者さんの薬で何とかしようとします。
 しかし、薬の長期連用は、副作用を伴うことが多いです。無理やり血糖値を下げる薬は、本質的には毒でもありますからね。
 そこで、グルメを満喫し文明の利器に頼りつつ、薬に頼らない糖尿病改善法があれば助かるのですが、ないことはないです。
 小生の別立てブログ「薬屋のおやじのボヤキ」(右サイドバーのリンク)で、「メタボ・糖尿病からサヨナラする最善の方法」などを紹介しています。ご覧になってください。
 でも、1年365日飽食生活を続けるのは問題です。酒好きな方は1週間に1、2日、休肝日を設けて肝臓を休ませてあげなさいと言われます。
 これと同様に、膵臓も飽食でインスリンを出し続けてくたばっているのですから、本来なら、「休“膵”日」を設けて断食すべきでしょう。
 これは、あまりにもきついことですし、急にやったら体を壊しますからお勧めできませんが、ミニ断食・プチ断食なら可能です。
 つまり、朝食を抜くことです。
 “ 朝食を抜くなんて、体に一番悪い! ” というのが、日本人の常識になっており、政府・業界を挙げて “ 毎日朝食をとろう ” キャンペーンが大々的に展開されていますが、実は、こんな国は日本だけでして、特に、西欧諸国からは “ 日本人は馬鹿じゃないの?” と思われているのではないでしょうかね。
 「朝食有害論」については、小生の同ブログで詳細に紹介していますのでご覧ください。→「朝食有害論の歴史的推移…」

 ところで、このブログは「銀杏葉エキス」を主題としています。「銀杏葉エキス」と糖尿病とどんな関係があるのでしょうか、糖尿病に「銀杏葉エキス」が効くのでしょうか。これを書かねばなりませんね。
 西欧では、「銀杏葉エキス」は医薬品で、効能に「糖尿病」も掲げられています。中国でも同様です。
 その作用機序は、「銀杏葉エキス」の有効成分の働きからして、次のように考えられます。
「銀杏葉エキス」が、高血糖で大発生する活性酸素を消し、傷ついた血管を修復する。また、血液をサラサラにして流れを良くし、末梢(毛細血管)血流を改善する。これによって、膵臓への酸素供給が十分となる。よって、膵臓が元気になり、インスリンの出が良くなる。
 そもそも高血糖が良くないのは、活性酸素を大発生させて血管に傷を付けること、赤血球を固めて血液をドロドロにすること、この2つによって、血流を極端に悪くしてしまうことにあるのですから、「銀杏葉エキス」が効果的なことは、推し量られるところです。
    毛細血管の傷

 また、体中の臓器・器官は、十分な酸素供給なくしては円滑に働かないのですから、インスリンを出す膵臓とて、同じです。
 そして、「銀杏葉エキス」は、膵臓ばかりでなく、他の臓器、例えば大腸の働きも正常に近づけてくれますから、腸内環境も良くなり、間接的に糖尿病改善につながります。何よりも、体中の臓器・器官が十分な酸素供給を受けて、よみがえってきますから、“ いきいき、はつらつ健康ライフ ” が楽しめるようになります。
 なお、これが実感できるようになるまでには、かなりの時間を要します。体中の細胞の全てが健全な細胞に生まれ変わる(新陳代謝する)には、健常な方であっても、60歳なら6か月、80歳なら8か月と日数がかかるからです。
 また、「銀杏葉エキス」は、あくまでも補助的なものですから、これで膵臓が一人前に働き出すものではありません。クタクタに疲れ切ってしまっている膵臓ですから、十分な酸素供給を受けても、以前のように十分にインスリンを出す力は決して復活しません。もっとも、一時的になんかの拍子で糖尿病になった方は別ですが。
 加えて、膵臓を元気にしてくれる各種ミネラルの摂取が不足しがちですから、酸素供給だけでは何ともならないことが多いです。各種ミネラルを積極的に補給したいです。この件についても、別立てブログの「メタボ・糖尿病からサヨナラする最善の方法」の中で書いておりますので、参考になさってください。
スポンサーサイト

こんな方に銀杏葉:排尿困難

 排尿困難は、お年寄りの男性に多く見られます。これは、加齢により前立腺が肥大し、尿道が圧迫されて尿の出が悪くなるからです。男性の場合は、大なり小なり誰にでも現れる症状で、避けがたい面があります。
 でも、泌尿器系への血流を改善することにより、排尿困難が緩和されて、尿の出が良くなることが多いです。
 これは、泌尿器系への血流が悪化していると、そうした器官が実年齢以上に老けてしまい、機能が落ちてしまって、症状が大きくなる傾向が強いからです。
 よって、こうしたことが原因している場合にあっては、全身の血流を改善してくれる「銀杏葉エキス」が効果的です。
 ただし、「銀杏葉エキス」は即効性が幾分かありますが、たいていは遅効性ですから、改善するのに早くて2、3ヶ月、通常半年はかかるのが一般的です。根気良く、毎日「銀杏葉エキス」120mgを飲み続けるしかありません。
 そうすると、だんだんと泌尿器系への血流が良くなって新陳代謝が良くなり、それらの器官が順次若返って機能を取り戻してくれるようになるのです。
 これは、2段階に分けて考える必要がありましょう。
 先ずは、毛細血管の若返りです。
 毛細血管の直径は、赤血球の直径より小さいですから、赤血球が毛細血管を通るときは、蛇が卵を飲んだときのような状態になると思ってください。よって、毛細血管の細胞が老化して硬くなっていると、赤血球がスムーズに通れません。(実際は、赤血球がひしゃけて、内壁を擦りながら通って行きます。)
 そこで、「銀杏葉エキス」を毎日補給するようになると、その即効成分が働いて、毛細血管の血流がどれだけか改善し、毛細血管がまずまずの酸素供給を受けて、正常に近い新陳代謝ができるようになります。
 ただし、新陳代謝は一斉に進むものではなく、一つ一つの細胞が、順々に少しずつ若返った細胞に入れ替わっていくだけですし、最初のうちは十分な酸素供給が受けられず、新陳代謝のスピードは遅いですから、毛細血管が十分な弾力を取り戻すまでには、どうしても時間がかかります。
 でも、根気良く「銀杏葉エキス」を毎日補給し続けると、血流が順次改善されて、毛細血管全体が若返ってきます。
 こうなると、十分な酸素供給がそれぞれの器官に行き渡るようになります。
 次に、それぞれの器官、つまり前立腺にも十分な酸素が供給されるようになると、前立腺の各細胞の新陳代謝が円滑に進むようになります。そして、前立腺が若返っていくのです。なお、当然に、前立腺の各細胞も、一斉に新陳代謝が進むのではなく、一つ一つの細胞が順々に若返った細胞に入れ替わるだけですから、機能を取り戻すまでには、どうしても時間がかかります。
 ところで、新陳代謝のスピードは、60歳なら6ヶ月、80歳なら8ヶ月というふうに、加齢とともに遅くなります。それが、排尿困難を訴えるようですと、前立腺などが、60歳であっても80歳、80歳であっても100歳の年老いた細胞になってしまっていると考えてください。よって、そうした実年齢以上に老化した細胞を実年齢並みに戻すには、半年程度の時間がかかってしまうのです。
 でも、根気良く「銀杏葉エキス」を飲み続けますと、血流はグングン良くなりますから、細胞の新陳代謝のスピードもアップし、実年齢より1回り、あるいは2回り若い細胞に入れ替わってくれることが期待できます。
 これは、前立腺など泌尿器系のとどまらず、全身の器官の細胞がどこもかも大なり小なり若返るのですから、“ いきいき、はつらつ健康ライフ ” をきっと楽しむことが出来るようになることでしょう。
 このように、「銀杏葉エキス」は、体の隅々まで血流を大きく改善してくれますから、排尿困難だけでなく、他の気になる症状の多くも同時に改善してくれることになります。
 こうしたことから、「銀杏葉エキス」は、中高年の方にとって、健康増進のためのファーストチョイスのサプリメントになるのです。

中高年の何ともならない疲れに銀杏葉

 中高年の方で、“ アリナミンEXなどのビタミン剤を飲んでも一向に疲れが取れない、この何ともならない疲れが取れないものか。” とお悩みの方がけっこういらっしゃいます。特に、コレステロールなど生活習慣病の薬を長く飲んでおられる方に多いようです。
 これは加齢とともに体細胞全体の代謝が落ち、薬がこれに拍車を掛けて、実年齢よりも10歳、20歳老けた体になってしまい、よって、脳の前頭葉が固くなってしまっていることが原因していると思われます。
 前頭葉が固くなると、意欲が落ち、非常に疲労感を感ずるようになります。そして、憂鬱になって表情がなくなり、不眠・不安感が出てきます。感情の老化・心の老化です。これが高ずれば、鬱病、認知症へと繋がっていきます。
 また、40歳代の方でも前頭葉の血の巡りが悪くなると、異常な疲労感に襲われます。疲れは、体で感じるのではなく、前頭葉で感じるものだと心得てください。
 そこで、こうした症状に悩まされるようになったら、脳の血流をグーンと良くしてくれる銀杏葉エキスの出番となります。即効性は期待出来ないものの、1週間、2週間と飲み続けると、脳全体の血流が良くなり、少しずつ疲労感が抜けていきます。銀杏葉エキスも色々ありますが、即効性の成分などを配合した全薬工業の「銀杏葉α(アルファ)」がお勧めです。
 1日、2日で疲労解消という大きな即効性を期待したいのであれば、それに牛黄製剤を足します。救心製薬の「霊黄参」がお勧めです。1日分4カプセルで2000円です。
 なお、銀杏葉エキスは、おまけとして、全身の血流改善によって体中の細胞の代謝がアップしますから、だんだん若返ってきて、半年もすれば実年齢に近付きますし、1年、2年と飲み続ければ、実年齢より1回り若返ることも不可能ではありません。
 ただし、多くの生活習慣病の薬、特にコレステロールの薬を飲んでみえる方は、それによって代謝が阻害されますから、銀杏葉エキスの効果を半減させてしまいます。
 ところで、コレステロール、高血圧は、判定基準が厳しすぎます。そして、少しでも基準を超えれば医者が薬を処方したり、患者が薬を求めたりします。こんな国は日本だけです。なんせコレステロールの薬は世界生産量の6割を日本人が消費しているのですからね。高血圧にしたって、似たり寄ったりの状態です。
 命に関わる、とんでもない数値でなければ、こうした薬は飲む必要はないです。このことについては、小生の別立てブログ「薬屋のおやじのボヤキ」(右サイドバーのリンクの最初の項)で詳細に説明しておりますから、クリックしてご覧になってください。高血圧に関しては、そのブログが開いたら、左サイドバーのカテゴリー「高血圧」に5本の記事がありますし、コレステロール値に関しては、「脂質異常症」に6本の記事(中性脂肪の記事を含む)があります。
(備考)慢性的な疲労感は、別の原因で生ずることもあります。その一つは、ビタミン・ミネラル全般が不足して起きる「新型栄養失調」です。これについては別立てブログ「薬屋のおやじのブログ」の記事「あなたは新型栄養失調ではありませんか…」で説明していますから、併せてご覧になってください。

高山病予防に銀杏葉エキス

 日本で高山病が多発するのは富士登山ぐらいなものでしょうが、高山病に罹っては大変です。その予防には、何と言っても「銀杏葉エキス」でしょう。
 幾つかの臨床例があり、日本登山医学会のHPでも次のとおり紹介されています。

 ギンコ(イチョウの葉のエキス)が急性高山病予防に効く、という報告があります。
米国のHackettらが積極的に薦めています。イチョウの葉に含まれる物質が持つ活性酸素消去作用、血管拡張作用、抗炎症作用が効果を持つのではと言われています…

 その根拠となる臨床例として、次のものがあります。
1 濱口欣一(登山医学会報696号)
 試験地:ハワイ 平地から4205m地点へ被験者26名を搬送
 行動1日前に銀杏葉エキス60mg×3回飲用(投与群12名、偽薬群14名)
 高山病罹患者 投与群2/12(17%)、偽薬群9/14(64%)
2 フランスの研究グループ(PMID:8725471)
 試験地:? 5400m級の山 被験者44名
 登山中(?)に銀杏葉エキス80mg×2回飲用(投与群?名、偽薬群?名)
 高山病罹患者 投与群14%、偽薬群82%
3 アメリカの研究グループ(PMID:15070635)
 <※これは、効果が認められなかったという臨床例>
 試験地:ヒマラヤ エンドポイント4928m 487名
 銀杏葉エキス120mg×2回飲用(1日)
 投与群は、偽薬群に比べて特に有意な予防効果は認められなかった。

 さて、これらの臨床データをどう解釈したらよいでしょうか。
 まず、効果が認められなかったとする「3」の場合ですが、出発地点が既にかなりの高地であったでしょうから、急激な酸素濃度減少に曝されるわけではなく、試験地としては不適と言えましょう。
 「2」の場合、「1」と類似したデータが出ていますから、場所はアルプスと思われ、低地からの登山と思われます。
 「1」「2」ともに、銀杏葉エキスの飲用は前日か当日かの違いがありますが、ともにかなりの効果があったという結果になっています。ただし、統計学的に評価するとなると、標本数が1桁少なすぎ、断定することはできません。

 では、実際に効果があるかどうかですが、小生には次のように思われます。
 銀杏葉エキスは、即効性、持続性、遅効性を併せ持っています。これは当店の数多くのお客様にお飲みいただいて、経験的に知り得た事実です。
 例えば、毎日のように頭痛がするという方の場合、銀杏葉エキスを飲んで直ぐに頭痛が和らぐということもありますし、朝飲んでおくとその日は頭痛が和らぐということもあります。たいていの場合は、毎日銀杏葉エキスを飲んでいると3、4日後に頭痛が和らぐということになります。そして、1、2か月飲み続けるとほとんど頭痛を感じなくなるというのが、一般的な印象です。
 大雑把に申せば、即効性は活性酸素消去作用、持続性(1、2日)は抗炎症作用、遅効性は血管拡張作用(毛細血管の弾力化)によると言って良いかもしれません。
 銀杏葉エキスの優れた効能は、何よりも抹消血流の増強にあり、つまり、酸素運搬能力を向上させるのですから、高山病という低酸素環境疾患に効果があるのは必然でしょう。
 
 よって、高山病に罹らないためには、銀杏葉エキスを飲む日にちが重要です。
 少なくとも登山の3、4日前から毎日2回飲み始め、当日も同様に飲み、登山中に何らかの症状が出たらまた飲む、というのが望ましいでしょう。
 なお、飲む量は1回120mgとしないと銀杏葉エキスの効果が十分には発揮されないと思われます。ドイツでは銀杏葉エキスは医薬品に認定されており、血管系疾患にはその程度の違いにより、1日120mg、240mg、360mgが処方されています。これだけ飲んでも副作用は全くないものですから、ご安心ください。
 ところで、日本では銀杏葉エキスは健康食品の扱いですから、粗悪品も出回っています。無名メーカーのものは避けたいですし、エキス量が無表示のものは問題外です。
 一番おすすめなのが全薬工業の「銀杏葉α(アルファ)」です。体を温める効果があるヒハツエキスが配合され、高山における気温低下にもどれだけか対応できますし、また、ヒハツエキスは冠状動脈の血流を良くする効果もありますから心臓の助けになります。
 1箱90粒(1粒に銀杏葉エキス40mg)入りで、1回3粒で120mg摂取でき、30回分(15日分)です。お二人で行かれるなら約1週間分ですし、3人なら5日分、4人なら約4日分という計算になります。
 6000円(税別)ですが、決して高くないでしょう。高山病予防だけでなく、体が良く動くようになり、きっと楽しい登山ができますよ。

高血圧の薬を服用なさっている方には「銀杏葉」がおすすめ

 やたらと降圧剤を出しまくる日本のお医者さん。大半の人は、飲まなくてもいいのに飲まされているのが現状です。
 高血圧の基準値は、たしかに国際基準に歩調を合わせているのですが、欧米諸国は「基準値を超えたら、即投薬」なんてことは絶対ありません。それが日本では、即投薬となる傾向があまりにも多いです。
 お医者さんから降圧剤を勧められても断れない気質の日本人です。これは、止むを得ない一面があります。
 そこで、降圧剤の副作用を消す「銀杏葉エキス」を併せ飲みなさるといいでしょう。
 それをDMにしました。ご覧ください。
銀杏葉だより3

何種類もの薬を飲んでいる方は銀杏葉エキスで薬が減ります

少々古い本ですが、旭丘光志著「食べて治す機能性食品」の中に「イチョウ葉エキス」の項があり、次のような例が紹介されています。

 東所沢の永野薬剤師も、むろん最初は薬との併用で飲んでもらっているという。
「一人でいくつもの病気を抱えている人が多いですから、全部の薬を飲むと、体にとっては大変な負担になるでしょう。そういうときは、イチョウ葉エキスの併用がいいんです。うちの長くからのお客さんの玉井さんは、頭痛、自律神経失調症、胆のう炎、慢性胃炎と大変だったんですが、イチョウ葉エキスを併用しはじめると、まず頭痛が1カ月目に消えて、次に慢性胃炎、自律神経失調症ーーと順に改善されていき、薬の種類がどんどん減っていきました。薬が順にイチョウ葉エキスに置き換わって、いまはイチョウ葉エキスだけです。イチョウ葉エキスを飲みだすと、そのうちに、いつも買いにきていた薬を買わなくなって、イチョウだけになるので効果がわかるんです。全身的にとてもハツラツとして別人のようになりました。」

 当店のお客様でも、以前記事にしましたが、血圧の薬がいらなくなってハツラツとしてくる方がいらっしゃいますが、ここまでスゴイ方はまだありません。この方はよほど血流が悪かったのでしょうね。銀杏葉エキスで血流が大改善したことにより、あらゆる疾患が改善されてしまったという好例でしょう。

プロフィール

薬屋のおやじ

Author:薬屋のおやじ
岐阜県羽島郡岐南町三宅5丁目39で、薬屋:三宅薬品をやっています。全薬工業の養生食品、養生漢方などを取り扱っています。生涯現役をモットーに、お客様皆様が百歳すぎまで健康でお暮らしいただけるよう、精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。無料健康相談を承っております。電話058-246-7970(電話は火曜~土曜日、9時半~18時にお願いできると有り難いです。)

検索フォーム

カテゴリ

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR